人気ブログランキング |

    ため息~~~

       はぁ・・・・・・


    ふぅ・・・・・


             はぁぁぁ・・・・・・・


 ため息しか出ない。


前回書いたけど、昨日が、恐れていた「スタッフ作品下見日」だった。



今回は、代々木にある、国立オリンピック記念青少年総合センターという中の、

ひろーーーーーーーいホールで行われた。

群舞ならいいけれど、ソロで、あのように広いホールの空間に立つと、

えっらく自分が小さく感じる。

私の作品は5分なので、打ち合わせと踊りも含めて12分を与えられる。

作品の意図と、希望の照明プランを書き込んだ用紙を

照明・舞台・音響の3監督に提出し、さらに口語で、照明監督に照明の相談をして、

音響監督に音出しのきっかけを説明する。



「はい、では通しでどーぞ」 と、スタッフがきっかけを教えてくれ、踊り始める。

ホールの電気はコウコウと明るく、ホールの床はツルッツルしていて、

正面には、机にずらりと並んでいる監督たちとスタッフがこっちを向いていて、

さらに、次の順番を待っているグループの人たちも、真正面に立って、

全員が、じーっとこっちを見ている。

なので、いやおうなく、確実にテンパり始める。



で、ツルッツルに滑る床で、足も滑り、衣装も滑り、踊りも見事にスベッて

あっという間に踊り終わった。


前回のブログで、監督たちの空気で作品の出来がわかると書いたけれど、

今回は、、、 それどころじゃなかった。



自分で、確実にわかったこと。

5分の作品で、表現しきれていない! ということ。

これじゃぁそれこそ、「なんじゃこれ作品」に見えるかも。

あと、2分あれば。。。。 



じゃぁ2分長く振付ければいいじゃん、と、簡単に言われると思うけど、

5月の祭典の出演には、もちろんチケットノルマがある。

1分につき10枚のノルマなので、5分なら50枚。

なので、あと2分踊れば、20枚のチケットノルマが手元にドンと増える。


群舞で出演したら、仲間たちと分けて売るのですぐに売れちゃうけど、

一人の出演で、それも、現代舞踊という普段見慣れない舞台は

なかなかチケットを買ってもらえないので、そこがヒジョーに辛い。

去年はソロで7分踊ったので、チケットノルマは70枚だった。

最初から、「どうせ売れないチケットだし」と覚悟していたので、

買って、買って、とお願いする気力がぜ~んぜん出ない。

なので、当然山のように手元に残った。



それでも、現代舞踊の舞台で、好きなように振り付けをして、

ソロで好きなように踊れる、自分へのチャレンジの場、そして勉強の場なので、

そこは割り切って、チケットノルマを考えないようにして、踊る分数を決める。

でもさすがに70枚を今年も続けて現代舞踊協会から受け取る元気はなかったので、

さんざん考えたけど、結局5分の作品にした。



それより、私のあの踊り、、、、、  あれでいいんだろうか。。。。。。


自分では納得して作ったつもりだけど、


あれじゃあ表現しきれていない


このまま踊り込むか、どこか振り付けか、流れを修正するか。。。。


また明日から悩み倒さないと。。。。


昨日から、ずーーーーーーーーーっと、


もやもやもやもやと、気持ちが晴れず、


はぁ~~~~~~~~っと、ため息ばかりでる。


   あ~~~~  も~~~~~ 困ったよ~~~~  (;_;)



                                   
                                     5月14日

# by amicielo33 | 2013-05-14 23:35  

    作品下見日

今日も5月の祭典について書いちゃお。

私の出演する本番の日は5月31日(金)なんだけど、今回のように

多くの団体が参加するイベントには必ず、本番前に「スタッフ作品下見」という日がある。



この日は、舞台のバックを支えてくださる監督さん達、要するに、

舞台監督、音響監督、照明監督の、3代監督さん達が集まってくださる日だ。


出品する作品一つずつに、照明の監督は照明プランを作ってくださり、

音響監督は使用する音源や音出しや音を切るきっかけなどを確認してくださり、

舞台監督は各作品の分数、流れ、そして全体の流れすべてを把握して、

音響・照明、出演者、そしてスタッフの人たちがスムーズに動けるように、

全てにおいて細かい調整をしてくださる。



大舞台と同じ広さの条件で行われるので、ものすごい広いホールで行われ、

監督さん全員がズラリと揃う机の前で、出演者たちは、何時何分~何分まで、

と決められた時間内に作品を披露する。



なので、ほぼ完成した踊りを準備しておかないと、

特に、照明監督に作品のイメージを描いてもらず、良い照明を作っていただけない。

自分の意図とする作品のイメージが、照明の相乗効果によって、

もっと良く見えるので、特に照明は大事なところだ。


で、、、このグダグダ書いている「スタッフ作品下見」の日が、

私の出る31日の出演者たちは、明後日の月曜日に行われる。

なので、、、私はヒジョーに、焦っているノダ。


一応踊りは出来上がっているのだけど、

これでいいんだろうかと、ついつい思ってしまう。

さらに、一人よがりになってしまっていないか、

テーマがぜんぜん伝わっていないんじゃないか、

いやいや、一つずつ、意味ある動きに作ったのだから自信を持って踊らねば、、、

いやいや、人が見たらわかんないかも、、、

と、考えと不安が堂々めぐりしてしまう。



ところで、コンテンポラリーダンスを見慣れない人は、

“なんじゃこれ?” という感想しかわかないと思う。

でも作品を作る人は、テーマや想いを練りこんで振り付けるので、

あとは、「見た人の感性しだい」となる。 

舞台を見る回数を重ねていくと、だんだん受け入れられるようになるけど、

ちょっと見ただけでは、なんじゃこれ?になる。



しかし、“なんじゃこれ?”作品、 まぁ~ったく意味がわからなくても、

素晴らしい作品は、素晴らしいのである。

目に見えない「何か」、が印象に残り、「何か」、で心を揺さぶられる。

そこがスゴイし、面白い。

現代絵画も、なんじゃこれ?でも、スゴイ作品は、なぜかスゴイ。

現代音楽も、頭が変になりそうでも、やはりスゴイ曲は、なぜかスゴイ。



しかし、これらはあくまでも、レベルの高い作品の話しであって、

私が作っているものは、とぉぉぉぉ~っても未熟レベルなので、

お客さんたちには、「なんじゃこれ?の5分」で、終わっちゃう可能性大なのである。



だから、本番前の、このプチ本番に当たるスタッフ作品下見日はコワい。

監督たちの表情を見て、自分の作品がどんな感じか、わかるからだ。

作品と踊りに対して、納得した表情をしてもらえるとありがたい。

監督たちは、何の感情も出さないけど、

作品を見て、「はい、わかりました。 ・・・・  次の人どーぞ」  とおっしゃる。



この、・・・・ の空気感が、恐ろしい。

手応えあるらしき作品を踊ると、なんとな~くビミョーに良い感じを受ける。

そうなると、本番までの日々の練習に少しの自信を持てるので練習に身が入る。

でも、無反応なら、アレコレ考えて、部分的に作り直したり、

やっぱり変かなぁ、、、 いや、もうこれでいいや、  と、とりとめない。



と長々と書いているうちに、文章も、踊りの不安も、ますますとりとめなくなって、

さらに焦りも加わって、気持ちが悪くなってゲロゲロしてきた。。。

小心者は、どんな時も苦労します。。。 はぁ~~。。。(ため息)


  
  私、小心者に見えないらしいけど、ホント~に心配満載の小心者なんデス。



                                      5月11日

# by amicielo33 | 2013-05-11 20:15  

   芸能人の影響力

昨日ブログを書こうと思ってネットを開いた。

そしたら 「『千と千尋』の世界を海外が3Dで再現」 という

YouTube動画があることが目に入ってきた。

見てみたら、まぁなぁ~んと美しい映像!

千と千尋の映画は大好きで、映画館でも見たし(セビージャで見た!)

DVDでもそうとう見てるし、、、ということで、これが3Dになると、また格別な美しさ!

あ、そうそう!!! この場所は、あそこに繋がるのよね~!と、

まるで、熟知している我が家の映像を見ているような感覚で画面を追ってしまった。 

音楽も素晴らしい!




YouTube動画は、何気に見始めると、次へ、次へ、ということで、やめられなくなる。

世の中、どうしてこんなに面白い映像があんだろう、と感心しきり。

たった今、「『ダダダ』だけでつながる赤ちゃんの会話」を、再度久しぶりに見て、

事務所の机で、一人でガハガハ笑ってしまった。 これ好きだなぁ。




そんなことより、昨日、パセオの社長の小山さんと電話で話していて、

へぇぇぇぇ~~~やっぱ芸能人の力は強い!!!と、

ものすごく感心したので、ブログに書きたいと思う。




昔昔、その昔、アントニオ・ガデスの出没で、日本ではフラメンコ熱がピークに。

その熱は下火になりながらも、ずーーっと長年に渡って頑張って燃え続けていたが、

ついに5~6年前くらいから、急に氷河時代に突入。

交通の便の条件が非常に良い場所のスタジオ以外は、

フラメンコ練習生が急減していき、まさに今が、氷河期のピーク。




しかぁ~~し!!!

その氷河期に、突然の春の予感なるものがやってくるそうなのである。

フラメンコをやっている人はすでにご存じだと思うけど、

タッキー&翼の、今井翼くん。

彼のレベルは(これまたYouTubeで見た)、上級の初心者。

なんせ芸能人なので、見せ方が上手く、自信があるせいか、存在感がしっかりある。

ま、これもどうでもいいことで、

何に驚いたかと言うと、パセオの小山社長曰く、

今井翼君を7月号?の表紙に載せたことだけで、

なんと、なんと、なんと、

3000部の売り上げが出るとのこと。

一般の本の世界では3000部の売り上げという数は大した数ではないと思うけれど、

フラメンコのような超マイナーな世界で、

1回の売り上げが3000、という数をたたき出せるのは、

「芸能人」だからこそ出来るワザ。



なので、氷河期にあるラメンコ界なんだけど、

翼くんを追って、ファンたちが、「翼くんの心を知りたい」とのことで、

フラメンコを習う人が増えつつある、とのこと。

それにあやかって、フラメンコ界側も様々な作戦を練り、広げ、

低迷していたフラメンコ人口を増加させちゃえ!と、色々と企画を立てているそうな。



フラメンコ界だけでなく、踊りも芝居も、自主公演のチケット売りは大変な事で、

500枚のチケットを売るのに、冷や汗かいて、悪夢見て、毎日毎日チケット売りのために

精神的負担と闘わなければいけないのに対して、

ラッキーな有名芸能人は、自分の力で苦労することなく、

わずか数分間で、5000枚のチケットでもあっという間に売ってしまう。

本当にうらやましい限りである。



まぁ、それは幸運な星の元に生まれた、ということで、一般人にとっては仕方ないけれど、

翼くんのお蔭で、フラメンコ界に春の兆しが始まる!というニュースに、

へぇ~~~~芸能人の影響力って、本当にすごいなぁ、、、と

ひとしきり感心したお話しでした。



翼くんファンで、翼くんに近づくためにフラメンコ習い始めた人の、

いったい何人くらいが、本当のフラメンコにハマっちゃってそのまま残るのか、、、

それが知りたいなぁ。



                                 5月9日

# by amicielo33 | 2013-05-09 18:12  

   現代舞踊とフラメンコ

毎日毎日、今月31日に出演する現代舞踊協会の5月の祭典の練習に明け暮れている。

私は、この5月の祭典が大好きだ。

だって、ものすごく大きな舞台で、フラメンコなんだけど、完全なる自分の創作で

作品を作って踊れることが出来るので、メチャ大変だけど楽しくてたまらない。



私の勝手な見方だけど、現代舞踊の舞台とは、

〝ダンスコンテンポラリー″ または〝モダンダンス” という、

要するに、古典の形式舞踊や、古典の伝統を守る舞踊ではなく、

クラシックや伝統舞踊から脱して、独自のアイディアと、独自の舞踊法で、

自己表現の枠を広げることの出来る舞踊の世界だと思う。



歴史的に、クラシックバレエの古典の作品に飽きた、自由な振り付け家が次々と登場し、

時と共に枝分かれして、様々な形のダンスが生まれた。

フラメンコやベリーダンス、アルゼンチンタンゴのような民族色強い舞踊は、

なんせ伝統芸なので、なかなか発展性がなく、保守が当たり前、発展はダメ、だったと思う。



しかし、やはり才能を持つ民族舞踊家たちが、コンテンポラリーの優れた舞踊と作品を見て

大きく刺激と影響を受け、自由な自己表現と独自の振り付けやエッセンスを取り入れて、

大きく民族舞踊の枠を広げたと思う。


フラメンコの歴史の中での革命者は、やはり、最初にグラン・アントニオ。

その後、アントニオ・ガデス や マリオ・マジャ。

少し前では、何と言ってもアントニオ・カナーレス。

女性では、ベレン・マジャ(マリオ・マジャの娘)。


彼らはフラメンコの「舞踊的形式」を大きく変えた。

変えたと言っても、彼らは古典を維持しながら、振り付けや音の取り方に影響を与えた。

今は、古典・現代のちゃんぽん振り付けをみんなが普通に踊っている。

なので、こうした時代の流れを知らない人は、どこが今流行の音の取り方だとか、

振りだとかわからないで踊っていると思う。

しかし、カナーレスがデビューした当時は、今まで存在しなかった振りや音の取り方に、

誰もが、「なんだコリャ?!?!?」と、かなり激しく衝撃を受け、

「新風だ!」 「こんなフラメンコ、ありえない!」と、賛否両論に分かれたものだ。



今の時代で、超どフラメンコでありながら、見事に完全コンテンポラリーにして、

第一線で活躍している成功者は、イスラエル・ガルバンだと思う。 

イスラエルまではいかなくても、ジェルバ・ブエナのコンテンポラリーフラメンコも見事だ。

つい最近、日本でも多くの人々を虜にした、スペイン国立バレエナショナルの

「セビリア組曲」は、素晴らしいコンテンポラリーの大作だ。

日本でもすでに30年前には、現代舞踊協会が民族舞踊の参加の門戸を開いていたと思う。



フラメンコをコンテンポラリーに振付けるのは、

日本人でも舞踊知識があればわりと簡単に出来る。

しかし、日本人(外人)ゆえに、何を気をつけなければいけないかと言うと、

はやりなんと言っても、コンテンポラリーの振り付けでも、

“フラメンコでなければいけない事” だ。

サパテアードやフラメンコのブラソを使い、そしてバックにギターやカンテがいれば、

それで「フラメンコ風」に作れるし、フラメンコを知らない人は、これこそがフラメンコ!と思う。

しかし、これらの要素を最小限に使用して、全くのオリジナル、かつコンテンポラリーの

動きと振りで、フラメンコ性をどこまで観客に伝えられるか???

それが一番の課題となる。




私は今回もそれに挑戦している。

作品コンセプトは決まっているので、振り付けは私の作りたいように作っている。

繰り返し繰り返し、振付けたものをチェックしながら、

「本当にこれでいいのだろうか。。。」と、一振りずつ考え込み、自信がなくなる。

観客にどこまでフラメンコが伝わるのだろうかと、目に見えない恐怖感にいつも襲われる。



今まで、フラメンコをコンテンポラリーに振付た作品は、数え切れないほどあり、

それらを、ほとんどフラメンコの舞台で踊ってきた。

しかしこの「5月の祭典」のように、(他にも現舞の様々なイベントはある)

主催&観客全てが、完全に現代舞踊界という世界の中で勝負するのは緊張する。

現舞の人たちに、フラメンコの詳しいことはわかってもらうのは不可能だけど、

創作の作品を通して、観客の心にフラメンコを届けなければいけない。




人それぞれなので、何を踊っても自由だけれど、

『現代舞踊』の舞台に立つ、という意味をしっかりと考えると、

フラメンコ舞踊の古典もの、例えば、アレグリアス、ソレア、シギリージャなどを、

そのまんまで現舞の舞台で踊るって、キツイ意見とは思うけれど、

“舞台のコンセプトや意味を何も考えないで原型を踊っちゃうの?” と思ってしまう。 



フラメンコ協会と現代舞踊協会が、今後、つながりをもっと強める、との噂が。。。。

毎年夏に行われる、恒例・フラメンコ協会の新人公演に、

モダンダンスのダンサーが、完全なコンテンポラリーな踊りと作品を踊るのを、

フラメンコ協会の審査員達が審査する日が来るのかもしれない。


え~!?まさかぁ~!と言うなかれ。

この逆はとっくの昔から行われている。

モダンの新人公演に、フラメンコのダンサーが完全なる古典フラメンコを踊って、

現代舞踊協会の審査員達が審査し、すでに、何人もの受賞者たちがいるのだ。


だ か ら 、今後の両者の歩み寄りに・・・・興味津々なり~~。



                                     5月6日

# by amicielo33 | 2013-05-06 18:13  

   前回のブログで思い出したこと 

「謙虚な先生」のブログを、今読み直していて、突然思い出したことがある。

3年前くらいのことだけど、その時はすごく、「へぇぇぇ~~~~!」っと

思ったことがあったので、チョコッと書きたいと思う。



以前、韓国ではかなり有名らしいフラメンコの先生が

年に1~2回ずつ何年間か、韓国から習いに来てくれていた。

もちろん滞在10日間くらいで、1曲を習うというペース。

とっても熱心で一生懸命で、とっても美人で若くてチャーミングな先生だった。



その彼女が、韓国から彼女の生徒を一人一緒に連れて来たことがある。

その生徒は、韓国で彼女の助手をやっていて、今回私にも習いたいとのことだった。

で、個人レッスンとは別に、団体のクラスにも彼女も助手も加わって

勉強したいんですと、先生は言う。



二人がスタジオに着いた時間が、ちょうど団体のクラスが始まる時間だったので、

私は彼女らに、「ちょうどいいタイミングだから、二人でこのクラスを受けたら?」と言った。

すると助手の子は、 「わぁ、うれしい!」 と言い、

先生は、 『いえ、ダメです』 と言う。  (韓国語と英語で)



私は、ダメと言わずに、せっかくだからこのクラスに参加したら?と言うと、

助手の子は、先生の顔を見て、黙ってしまった。

先生は、 『絶対にダメです』 と言い張る。



私は、とっさに、先生が助手の子に受講している姿を見られるのが恥ずかしいから、と思い、

それなら、クラスの端っこと端っこに立てばお互いが見えなくていいじゃない、と言うと

『韓国では、先生と生徒が同じクラスを受けるということは許されません』 と先生は言う。



私は半分冗談だと思って、

いいじゃない、せっかく日本までクラスを受けるために来たんだし、

ここは日本なんだし、あなたの助手はあなたの姿なんか見ないし、

お互い気にしないでクラスを受けたら?と言うと、

先生は超マジメな顔で、

『韓国では、絶対に、絶対に、許されることではありません』  と言う。



私が、ええええ~~~!ホントにそんなに大変なことなの!?と驚くと、先生は

『韓国にいる夫に国際電話をして、こういうことは許されるのか聞いてみます』 と言う。



そしてすぐに電話して、本当にご主人と話したのかわからないけれど、誰かと話してから、

『話し合った結果、生徒と先生が同じ場所で、対等にレッスンを受けることは韓国では

許されることではないので、彼女には私がクラスを受ける間、外にいてもらいます』 

と言って、彼女の助手を外に出かけさした。

そして、先生がクラスを受けた後のクラスの時間に、外で頑張って時間をつぶした助手が

戻ってきて、助手が一生懸命にレッスンを受けるのを、先生は見ていた。



これって、韓国の習慣?

それとも、先生の立場を守るための、即席の言い訳?

べつに、先生と生徒が一緒にクラスを受けたっていいじゃない、と思うけど。


お国柄というか、考え方の違いというか、本当に不思議な考え方もあるもんだ、と

すっごく驚いたことを、さっき思い出しました。 



                                    
                                      5月5日


                    

# by amicielo33 | 2013-05-05 01:03