<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

   私の主義

本日のクラスが終わり、

昨日書いたブログを読んで、こんなマイナスな気持ちではいかんのだ、と

自分のお尻をたたいてからライブのための自習をしようと思ったところで、

再び足の指の激痛を感じたので、思わずブログを書いてしまっている。



ちょうど6日前の日曜日の夜。

狭い我が家で、ストーブの位置を何気に置き換えた場所が、

角のある家具のすぐ横であり、

2m先のカーテンを閉めようと、わざわざそのストーブと、

角のある家具の間に発生した細い隙間を、

元気よく踏み込んだところ、

左足の小指と薬指の間を、この家具の角部分で思い切りひっかけ、

その瞬間、あらぬ方向にこの2本の指が向いたようで、

ウギャぁぁぁ!!!

と、叫んで、えっらく激痛なんだけど、

でもそのまま無視して、カーテンを閉めた。




私って、こういうところが昔からあって、

激痛が起きた箇所を、その場で見ない&確認しない性格なのだ。

頭の中で、「何でもない、大したことない、気にするな」

という命令文が発令されるのだ。

5分くらいたってから、それでもあまりにも痛くて歩けないので

仕方なく靴下を脱いで確認した。

足の小指、薬指、中指の付け根部分に

真紫色の内出血が広がり、付け根の関節全体が腫れ上がっている。

ちょっとちょっと、今、骨が折れたら困るのだよと、

ライブに向かって練習の山場の時なのに~!




てなことで、私流で折れていないか確認した。

折れていれば、もっとスゴイ激痛のはずだから、

これくらいの激痛はきっと大丈夫だろう、と判断。

もちろん冷やして、湿布貼ってなるべく動かさないようにしてるけど、

まだ、ハッキリ言って激しく痛い。

でも、お医者さんには絶対に行きたくない。

行ったところで、湿布もらうだけで、後は我慢しながら

痛みが治まるまで時の流れに身を任せる、てこと。




3年前に、オペラの舞台練習で男性と踊った時に男性のサポートのやり方が悪く、

その男の力で私の肋骨にヒビが入った。

激痛で何日も寝られず、でも踊らなくてはいけないので練習は日々続行。

痛みで脂汗をかきながら最後まで医者に行かずに舞台本番まで我慢。



2年前に、コンテンポラリーの人との舞台練習で、高い台から飛び降りる場面で

足首を思い切りねじった。

腫れ上がったけど、医者にはもちろん行かず、舞台の誰にも言わず、

ガマンしながら3週間、舞台練習を毎日続けた。

本番の頃には治った。



小学生の頃、祖父母の田舎の家の廊下をダッシュして、

今回と同じに、恐ろしい力で足の小指と薬指の間を廊下の柱の角にヒット。

さすがにその時、指の骨を折ったのはわかった。

でも、祖父母に絶対に心配させたくなかったので、

祖父母の前では、何もなかったかのように普通に歩いてるように見せかけ、

数日間の滞在中、その怪我と骨折を隠し通した。

家に戻って、さすがに親に見つかったのか記憶にないんだけど、

外科に連れて行かれたらしく、

完全に変な方向に2本の足の指が向いてしまっているのを見たお医者さんに

「なんて野蛮な子なんだ!」

と言われたのを、今でもハッキリと覚えている。



私の外科系の怪我のスタートがこの言葉だったからか

骨折、ヒビ、やけど、外傷、とかでは

医者に行くのがいやなのだ。

絶対に行かないのだ。

ガマンしていれば治るのだ。

    ↑
バカボンみたいな文章なのだ。



さすがにアキレス腱断裂とか、ボッキリと太い骨を折ったら

さすがに医者には行きます。

でも、小骨なら、、、ガマンしちゃうなぁ。

てなことで、今現在、かなり痛い足でケンケンしながら、

それ以外の元気な手足で、自習を始めようと思う。

変なブログですみません。

         
                       2月10日













[PR]

by amicielo33 | 2018-02-10 17:39  

    暗い自分にウンザリ

もう2月も中旬に近づいている。

なんて月日の経つのが早いのだろう。

1月から、大事な用事が同時に7つくらい重なってしまい、

それも全てタイムリミットがあるものだから、

ひたすらそれに追われ続け、

頭掻きむしって一つずつ片付けていった。

それにしても、重なる時って、なぜこうも重なるものなのかと不思議になる。




そんな中、久しぶりに姉と叔母と3人で昼食を食べたのだけど、

顔を見合わせるやいなや、

来年なんか生きてるか死んでるかわからない、と始まり、

10年後は私が一番に死んでいる、

いや、私が先に死んでる、

いやいや、私ヨ。

お墓の掃除と墓参りを頼むぞ! 

そんな話しばかりで盛り上がったので、最後になって3人で反省した。

これじゃぁダメだ、と。

希望に満ちて、前に向かって明るく進んでいく、そんな話題が

いつも出るような精神でないと、

それこそもう我々は、暗い老後しか歩めないぞ、と。




絶対にすごいアーティストになってやる!と

全身がメラメラと火に包まれるような暑い情熱をたえず持ち続け、

灼熱の太陽の下で誇りに満ちた姿で立ち続ける

セビージャのヒラルダの塔の女神さまを

私の心の全てとして、

毎日、ヒラルダの女神さまを泣きたくなるような思いで

見続けながらスタジオに通っていた、そんな自分が、

今ではもう、あと数年でフラメンコやめてやるとか、

リサイタルも今年でもう終わりにしようとか、

みんなからも忘れられて、もうすぐ私なんぞ消えていくんだとか、

そんな超マイナスな自分になっているのはなぜだろう。




それでも、心のどこかでは、フラメンコに対する熱い情熱と

バリバリに踊れる身体の準備は出来ているので、

それを爆発させて、色んな舞台を創って、色んなライブもやって

フラメンコを色々な形で表現して伝えたい!という

強い、強い、熱意はあるのだ。

でも、その心に反して、世の中で必要とされている枠には

もう入れない事を、年々肌を刺すように感じるからこそ、

弱気になってしまうのだろうか。




メチャメチャ燃えている熱い自分と、

いつまでフラメンコをやるのだろう、という自分と、

その二つの間で、昔のピンボールのゲームマシンみたいに

あっちの壁にぶつかっては跳ね返され、

また別の壁にぶつかっては元の道に戻りと、

そんな自分の心に振り回されている毎日だ。




なので、これじゃいけない!と、自分でお尻を叩いて

ステージに立つことを決めた。

3月10日(土)のソロライブ。

思い切り自分のやりたい事が出来るステージに対する楽しみと、

思い切り楽しんで踊れる幸せがあるのだから、

この小さなソロライブに立てる幸せを感じなきゃ!

と自分を奮い立たせながら、心のどこかで、

”来年はソロライブなんて出来るのかなぁ” なんて思ってる。

もう、どーーーしよーーーもない。

いつまで続くかなぁ、この気持ち。

いやいや!!!3月10日(土)のソロライブ、頑張ります!

楽しいライブになりそうです! 観にいらしてくださいね!
e0262970_19341590.jpg



最後に、1月22日の関東大雪の日。

スタジオの近くの蚕糸の森公園の夜中の写真です。

あまりの美しさに感動しました!

e0262970_19322479.jpg
      
e0262970_19320805.jpg
e0262970_19314591.jpg

                    今日は平昌オリンピック開幕の日!

                               2月9日





































[PR]

by amicielo33 | 2018-02-09 19:50