2018年 02月 09日 ( 1 )

 

    暗い自分にウンザリ

もう2月も中旬に近づいている。

なんて月日の経つのが早いのだろう。

1月から、大事な用事が同時に7つくらい重なってしまい、

それも全てタイムリミットがあるものだから、

ひたすらそれに追われ続け、

頭掻きむしって一つずつ片付けていった。

それにしても、重なる時って、なぜこうも重なるものなのかと不思議になる。




そんな中、久しぶりに姉と叔母と3人で昼食を食べたのだけど、

顔を見合わせるやいなや、

来年なんか生きてるか死んでるかわからない、と始まり、

10年後は私が一番に死んでいる、

いや、私が先に死んでる、

いやいや、私ヨ。

お墓の掃除と墓参りを頼むぞ! 

そんな話しばかりで盛り上がったので、最後になって3人で反省した。

これじゃぁダメだ、と。

希望に満ちて、前に向かって明るく進んでいく、そんな話題が

いつも出るような精神でないと、

それこそもう我々は、暗い老後しか歩めないぞ、と。




絶対にすごいアーティストになってやる!と

全身がメラメラと火に包まれるような暑い情熱をたえず持ち続け、

灼熱の太陽の下で誇りに満ちた姿で立ち続ける

セビージャのヒラルダの塔の女神さまを

私の心の全てとして、

毎日、ヒラルダの女神さまを泣きたくなるような思いで

見続けながらスタジオに通っていた、そんな自分が、

今ではもう、あと数年でフラメンコやめてやるとか、

リサイタルも今年でもう終わりにしようとか、

みんなからも忘れられて、もうすぐ私なんぞ消えていくんだとか、

そんな超マイナスな自分になっているのはなぜだろう。




それでも、心のどこかでは、フラメンコに対する熱い情熱と

バリバリに踊れる身体の準備は出来ているので、

それを爆発させて、色んな舞台を創って、色んなライブもやって

フラメンコを色々な形で表現して伝えたい!という

強い、強い、熱意はあるのだ。

でも、その心に反して、世の中で必要とされている枠には

もう入れない事を、年々肌を刺すように感じるからこそ、

弱気になってしまうのだろうか。




メチャメチャ燃えている熱い自分と、

いつまでフラメンコをやるのだろう、という自分と、

その二つの間で、昔のピンボールのゲームマシンみたいに

あっちの壁にぶつかっては跳ね返され、

また別の壁にぶつかっては元の道に戻りと、

そんな自分の心に振り回されている毎日だ。




なので、これじゃいけない!と、自分でお尻を叩いて

ステージに立つことを決めた。

3月10日(土)のソロライブ。

思い切り自分のやりたい事が出来るステージに対する楽しみと、

思い切り楽しんで踊れる幸せがあるのだから、

この小さなソロライブに立てる幸せを感じなきゃ!

と自分を奮い立たせながら、心のどこかで、

”来年はソロライブなんて出来るのかなぁ” なんて思ってる。

もう、どーーーしよーーーもない。

いつまで続くかなぁ、この気持ち。

いやいや!!!3月10日(土)のソロライブ、頑張ります!

楽しいライブになりそうです! 観にいらしてくださいね!
e0262970_19341590.jpg



最後に、1月22日の関東大雪の日。

スタジオの近くの蚕糸の森公園の夜中の写真です。

あまりの美しさに感動しました!

e0262970_19322479.jpg
      
e0262970_19320805.jpg
e0262970_19314591.jpg

                    今日は平昌オリンピック開幕の日!

                               2月9日





































[PR]

by amicielo33 | 2018-02-09 19:50