人気ブログランキング |

2016年 05月 01日 ( 1 )

 

          岡田昌已先生の公演

地獄のような忙しさの4月が過ぎ

もう5月になっちゃった。。。

4月は、忙しくて短く感じたんじゃなくて

忙し過ぎて、そして精神的に本当に大変過ぎて

ものすごく長~~い4月に感じられた。




4月25日・26日と開催された、恩師である岡田昌已先生のリサイタル。

このリサイタルの1週間後に、生徒発表会が控えているので、

昌已先生の舞台準備と、生徒発表会の準備が重なってみんなに迷惑をかけないように

練習日日程と、時間と、内容の進行を、このアホな頭で緻密に計算した。

なので、発表会についての進行は、なかなか上手く進んだのだけど、

マサミ先生の舞台準備は、週末はもちろん、クラスが終わってからもダッシュで駆けつけ、

毎日毎日、帰りが深夜になることが続いた。



それにしても、マサミ先生の、想像をはるかに超える あのパワーは何なんだ?

失礼だけど、あの年齢なのに、その辺の20代~30代の男たちより遥かに勝る、

恐るべき情熱とパワー。

まるで噴火直前の火山のマグマのようで、練習中、マサミという人間でなく、

怪獣マサミが火を噴いている姿にしか見えなかった。 
  ↑
 先生がこれ読んだら、怒ってホントに火噴くぞ

スタジオには、スペインからの男性舞踊手からミュージシャン達、

そして、あのエスペランサ・フェルナンデスも加わり、スペインからの団体様一同で

ゴッチャゴチャにスタジオが埋まってしまう。



みんな礼儀正しい紳士淑女の集まりだけど、

それでも自分の演じるものには熱が加わり、

自己主張が次々と始まる。

が、、その瞬間には、怪獣マサミが、ガオオオーーーッと炎を噴き、

さらに、マサミ先生の、スペイン人ですらも負ける、機関銃のような言葉の数で、

彼らをいっきょに黙らせる。  

シーン、、、 スペイン人達の沈黙。 

恐るべし、、、、マサミ。



マサミ先生は、昨年、膝の大手術をした。

このお年でのこんな大手術は、普通なら、数年かけてようやく歩けるようになるくらいで

膝に負担のかかる動きや、ましてや激しい運動やダンスなど、まさに御法度。

なので、膝に大負担をかけるサパテアードもやるフラメンコなんて、「ありえない」 のだ。

しかし、怪獣マサミは、やはり怪獣なのだ。

膝が痛くてたまらない、と言いながらも、

サパテアードもガンガンやるし、バンバン動くし、

酷使している分、膝に筋肉が付いてきて、日々身体の動きとキレがよくなっていったのだ。

あそこまでマサミを突き動かすものは、いったい何なんだろう。。。

スペイン舞踊に対する情熱?

自分に対する挑戦?そしてプライド?

本当に、本当に、本当に、ひたすら 脱帽 としか言いようがない。



このように書いていると、私は一歩引いて、冷静にスタジオでの状況を見ていたり

楽しんいたりしたように感じられるかもしれないけど、

いえいえいえいえ、

と~~~でもございません。
精神的にまいってしまうほど、ホント~~~にホント~~~に 大変でした。008.gif007.gif

出番はそれほどないのに、

怪獣マサミに絶えず激しい炎を噴かれ、

なんだろう、、、あの例えようのない、精神的な負担。

思い出しただけで、極度の疲労がドーッと出るので書くのはや~めとこっと。




でも結果としては、本当に素晴らしい舞台となり、

お客さんほぼ全員が興奮冷めやらぬ状態だったほど。

毎回、スペイン人達と舞台を一緒させてもらう度に痛感すること。

それは、やっぱりフラメンコはスペインのものであり、

どんなに外人が必死に頑張りまくったところで、決して、彼らのようには出来ない、ということ。

やっぱり、スペイン人はすごいや。

それも、今回のマサミ先生の舞台に、ハイレベルのスペインからのアーティスト達が

総出演して、そして彼らは全力を出して演じたので、

そりゃあもう すごい舞台になりまっせ。




でもでも! この舞台で一番スゴイことって、

こういう一流の凄いスペイン人達の総監督として、マサミは彼らをまとめ上げ、

台本から作り上げ、その内容にふさわしい人選をするために

何度もスペインに足を運んで、マサミの目と耳でアーティスト達を選び、交渉し、

エスペランサ・フェルナンデスも、本当ならこういう舞踊公演の形で来日するなんて

あり得ない事なんだけど、

マサミが、何ヵ月も前から、毎日毎日エスペランサに交渉して契約に至ったのだ。

「こんな情熱的に交渉する日本人は初めて!」 と言って、彼女がOKを出したのだ。

なんでマサミはこんなに凄いパワーがあるんだろう。




病気になりそうなほど大変だった日々だったけど、

マサミの生き様を見せつけられ、

一流のスペイン人達と一緒に演じる事が出来、

たくさんのフラメンコの栄養を吸収する事が出来た。

怪獣マサミに心から感謝。

あ、失礼!
恩師・岡田昌已先生 本当にありがとうございました!040.gif

それにしても、ホント、先生、疲れましたヨ~~~!!!




次に出演させてもらえる面白い舞台は (HP担当の人がGWでいなくて更新出来ない!)

8月4日(木)~7日(日) 草月ホールにて

上田遥さん振付けの 「カルメン ~ドン・ホセの告白!~」 

というのに出演しま~す。 上田遥さんの振り付の舞台は本当に面白いですよ!

カルメン役に、バイオリニストの川井郁子さん

ホセ役に、東山義久さんが語り演じます。

東山義久さんがリーダーである、DIAMOND DOGS というグループの

メンバーみなさんも出演。

彼らは超人気なので、チケットが売り切れてしまうことがあるそうです。

私のHP担当の人が戻ってきたら、すぐに詳細を載せますね。




でもその前に、4日後に迫る生徒発表会が無事に大成功しますように!

生徒達、ホントに素晴らしく頑張って練習して、メキメキと上達してます。

★発表会のチケットは、完売してしまい、当日券は出せません  すみません!

生徒達、みんなガンバレ~~!!!

                                    5月1日


いつもゴチャゴチャしてるスタジオ
          岡田昌已先生の公演_e0262970_2143042.jpg

暑くてもダウンをずっと着てたエスペランサ
          岡田昌已先生の公演_e0262970_2144819.jpg

踊り手ダビ・ペレスと音楽担当のオスカル
          岡田昌已先生の公演_e0262970_215799.jpg

これすごくない?舞台の上にいながら私のスマホで撮ったゾ!マサミとエスペランサ
          岡田昌已先生の公演_e0262970_216891.jpg






























 










毎日、毎日、クラスの後に

by amicielo33 | 2016-05-01 21:14