人気ブログランキング | 話題のタグを見る

久しぶり、息抜きの1泊旅

コロナ自粛が始まってから、

東京の人間にはコロナ菌がひっついている、

というイメージが強く、

なのでもちろん、

ずっと全く県外に出ずガマンの子。

でも、さすがに両親のお墓参りで、9月に車で埼玉へ。

車のナンバーが東京なので、

さぞや、埼玉の人は嫌な気持ちになるだろうなぁと

運転席で、無意識にちっちゃくなってしまう。


でも世の中は、コロナといえど

経済をまわす事が必要となり、

Go Toキャンペーンに、いよいよ東京人も仲間入り。

てなことで、

このキャンペーンが始まったら、

我慢に我慢を重ねてきた多くの東京人は、

一斉に旅に出るにちがいない、と思い、

「人混み」というものが一番苦手な私は、

キャンペーン一歩手前の、昨日と今日、

半年ぶりに、1泊でミニ旅に出てきた。



以前、クラスに通ってくれいた生徒が、

群馬県の中之条というところに住んでいて、

前々から中之条にとても興味があり、

さらに先月、テレビで群馬県の奥四万湖を

紹介していたのを、たまたま偶然に見て、

それで急に私のドライブ魂に火が付き、

3日前に計画立てて、昨日と今日、

群馬県の自然を満喫してきた。



東京からわずか150キロくらいの距離で

目的地に行けるのはウレシイ。

今回は、写真をたくさん載せちゃうぞ。

関越自動車道の渋川・伊香保から降りて、

ひたすら国道を進み、四万(しま)川沿いを走る。

最初に訪れたのは、

『四万の甌穴群(おうけつぐん)』

ここは、川の流れが渦巻き状になることで、

石や砂が循環して、川底と岩盤を侵食して

たくさんの大穴ができちゃった、という場所。

言葉は軽いが、とっても美しい。
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_21310851.jpg

















四万川のお水は、と~ってもキレイ
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_21314179.jpg

















お水が流れ込んで、穴でクルクルまわってます
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_21315059.jpg




























清流なので、鮎かヤマメがたくさん泳いでました。

その魚たちの写真を撮ろうと思ったら、

私の影がのうのうと。ハハハ 
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_21320299.jpg





























さて、それから車で上流に上り、

「四万ブルー」と言われる

コバルトブルーの色が非常に美しい

『奥四万湖と四万川ダム』へ。
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_21504412.jpg





























コバルトブルーになる理由は、

透明度が非常に高いので青い光が水の奥底まで届き、

赤い光は吸収される、という説と、

アロフェンという物質の微粒子が溶け込んで

乱反射する、という説があるそう。

でも、この水は酸性が強いので、

魚は全く生きられないとのこと。


コバルトブルーの湖の水は、しっかりとダムで止められている。
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_21510318.jpg





























奥四万湖は、「一周・4キロ」と書いてあったので、

なぁ~んだ、たったの4キロなら、歩くべ、

と思って、大喜びで歩いてみたんだけど、

誰一人、歩いている人がいない。

上の写真にも見えるように、

湖のまわりは、かなりの森林。

おまけに、

「9月23・25・26日とクマ🐻が出ました。

十分に気を付けてください」

と、50mごとに立て札が立ててあり、

道の途中には、クマを誘い込んで仕留める、

鉄で出来た大きな檻(おり)まで

どーんと置いてあるではないか。

(記念に写真を撮っとけばよかった)

おいおい、

十分に気を付けてください、って言われても、

どうすりゃいいのサ。

ちょっとは緊張しながら歩いたけんど、

でも、すっごく気持ちのいい森林浴が出来て、

身体と頭に溜まっていた毒ガスも

キレイに抜けていくのがわかる。

湖の反対側は、太陽がキラキラに反射して

ダイヤモンドが散りばめられているよう。

だけど、この写真じゃ、ようわからん。
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_21513456.jpg





























ドライブ旅行なんだけど、

結局、甌穴群や奥四万湖、四万温泉近辺散策で、

この日は12キロ歩いた。

それから宿のある、四万温泉へ移動。

あ、ついでに。

四万温泉には、「千と千尋の神隠し」のモデルの一つだと

噂されている「積善館」という宿がある。
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_22220937.jpg





























さてさて、この日はしこたま、四万温泉の良き湯につかり、

今日は、朝食後に沼田市に移動して、

『吹割の滝』へ。

国道の右も左も、黄金色に輝くお米で一面。

さらに、なぜかサルビアの花が大量に咲いていて、

輝く黄金色と、燃えるような赤のサルビアの

コントラストが本当に美しい。

運転してるので写真は撮れず、残念。



吹割の滝は、普通の滝と違って、

巨大な岩が二つに割れたところに、

大量の水が流れ落ちる滝だ。

写真じゃ、あのダイナミックさが出ないので

想像を10倍にして見てください。


まず、小さく見えるけど、巨大な岩場の右側を歩いて、
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_22310424.jpg





























さらに進んで、
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_22311839.jpg





























これが、滝なんだけど、

かなり、大きくてダイナミック(そう見えないけど、、)
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_22315431.jpg

















もうちょっと、川を上がって写したけど、

写真では、小さく見えるのが残念。
久しぶり、息抜きの1泊旅_e0262970_22321034.jpg





























ここも、ぐる~っと滝の周りを周遊する道があり、

もちろん歩いたけど、森林の成長が素晴らしく、

滝を全体的に見下ろせるはずの場所が、

木々でほどんど見えなかったなぁ。

沼田市は、果物も有名で、

今は、リンゴとブドウの最盛期なので、

果物園に行ってブドウ狩りしようと思ってたのだけど、

急にめんどくさくなって、

そして急にスタジオに戻りたくなり、

果物園の前のリンゴ直売のところで、

採りたてリンゴを買い、

サッサとスタジオに戻ってきた。

近いから直ぐに帰れるのも嬉しい。

ということで、急に終わるけど、

1泊の群馬、大自然に触れるミニ旅でした。


今週の土曜日は、生徒のおさらい会があるので、

なんとなく気持ちが昂ってくる。

それに、昔からの生徒のAちゃんが

そろそろ赤ちゃんを出産する頃。

ミニ旅で気持ちも晴れ、

うれしい事がたくさん起きますように!

さぁ、明日からも頑張るぞ💪❕

                
                 9月29日


by amicielo33 | 2020-09-29 23:00  

<< 銀行ATMにて 「日本伝統工芸展」のお勧め >>