人気ブログランキング |

痛みとの闘いの1ヵ月

4月の終わりころから、

朝起きても、

練習が終わってからも、

お風呂から出ても、

いつもいつも左のお尻の左上がカンカンに張った感じで、

なのでマッサージに行ったり、

念入りにストレッチしたり湿布貼ったりしても、

この張りとイヤな痛みは取れなかった。



そうこうしているうちに、

5月3日にあった、ガルロチでの大事なライブが終わり、

やれやれと思いながら、2~3日経ってから、

次のライブの新しい振付を始めたくて、

さぁ、やるべぇ!と心の準備をしていた時に、

突然やってきたのだ。



左のお尻の奥の方、腿の外側、時に膝の裏に、

ギャー!という、刺すような痛み。

布団針が刺さって、突っ張るような痛み。

疼くような鈍痛。

それらが、寝ている間も、

起きてからも、

階段を下りたりする時も、

足を動かしたりした時も、

腕を上げた時も、

腰を少しでも捻じった時も、

とにかく、痛くて痛くて痛くてたまらない。



整形外科に、医者嫌いの私もさすがに仕方なく行った。

レントゲンを撮って、少し背骨が滑ってますね、と言われ

痛み止めの薬をもらったけれど、

私の感覚で、これでは治らないと感じ、

直ぐに、これも直感で、「ここは絶対に良い先生!」

と感じられたカイロプラクティックを探し、

痛くてヒーヒー言いながらたどり着いた。



生まれて初めてカイロプラクティックというところに行ったけど、

様々な角度で、様々な筋肉の状態をチェックし、

この痛みは、この筋肉とこの筋肉とが引っ張り合い、

それにより神経を圧迫して、、、

と、理解しやすいように、筋肉と骨格の説明図で

事細かに説明してくださる。




ということで、結局、

「椎間板ヘルニア」を経て(これは2回の治療で治った)

最終的に、

「梨状筋症候群(りじょうきん)」と「大腰筋の過緊張」が判明。

超簡単に言うと、脚を支える梨状筋は

背骨の下の方の仙骨から足の骨へ、

大腰筋は、第4腰椎から足の骨へと

繋がっているのだけど、

それらが、使い過ぎの為に「過緊張」の状態になり、

激しく固まり、縮んでしまい、

それにより、腰と足に繋がっている大きな神経(坐骨神経)を

もろに圧迫している、そんな状態になっているのだ。



なので、特に、5月はずっと激痛との闘いが続いた。

座っているのは全然平気なのだ。

でも動くと、ちょっとした角度で、刺されるような痛みに襲われ、

その直後は、その痛みが疼いて止まらない。

脂汗が顔や首筋、背中に垂れてくる。

クラスはもちろんやったけど、動きたくても動けない。

動かないで口ばっかり動かして、

生徒達に申し訳ないと心で思いつつ、

でも、右手をちょっと上げだけでも、

ましてや、少しでも足を動かすと激痛が走るので、

悪いけど、言葉レッスンをやるしかなかった。



でもラッキーにも、5月下旬に年に一度の長期休暇を

前から生徒にお願いして取ってあったので、

その1週間の休暇旅行で、動くということをしなかったので

それだけでもかなり助けになった。

(この旅行は、次回のブログで!)



カイロに通い始めて、5回目になるけれど、

確実に快方に向かってきている。

毎回、的確な説明と、的確な治療をしてくださり、

これも初体験で、

キネシオテーピングでの治療も同時に受けている。

よく、テレビでスポーツ選手が、腿などに一枚だけ

ペロッと長いテープを貼っているのを

ご覧になった事があると思うけど、

前は、それがどんな役に立つのか知らなかった。

でも、実際、自分でキネシオテーピングを貼ってもらうと、

貼ってもらった瞬間に、

痛みで使えない筋肉が、ちゃんと復活するのだ。

筋肉の流れに沿って、筋肉の動きをサポートするのだと思う。

毎回、治療に必要な、場所によっては

芸術的な形にテーピングをしてもらう。

記念写真を撮りたいくらいに、感動してしまう。

それを貼っていると、気が付かない間に、

正しい方向へ筋肉をサポートしてくれる感覚がある。

確かな専門知識と資格がないと出来ないと思う。




そうこうして、ようやく先生から、5日前に自分の練習をして

大丈夫という承諾をいただいた。

7月20日にサラ・アンダルーサでのソロライブを控えているので、

このライブをキャンセルにすべきか、5月から吐くほど考え、

やっと、ライブをやっても大丈夫そう、という見通しが出たので

心から安心したところなのだ。



足腰の痛みで、長年に渡って苦しんでいらっしゃる方々の

痛みや気持ちが、今まで実感として理解できなかったけど、

こうして自分が体験してみて、

どれほど痛くて辛いのか、

それが毎日続くと、どれほど心が重くなり、

痛みも抜けず、痛みを取るために、

「藁をもすがりたい気持ちになる」、という事を

身を持って体験した。

でも、カイロプラクティックでも、

整形外科でも、整体師でも、お灸でも、

良い先生に出会って、良い治療を受ければ

少しずつ、確実に治っていくのも身を持って体験した。



てなことで、人生初めての、このようなタイプの痛みを

経験したので、記念にブログに書いてみました。

痛い間は本当に、ブログどころか何一つやる気なかった!

完治まで、もう一歩。

今日もキネシオテーピングに助けられながら練習します!

        
                         6月7日


by amicielo33 | 2019-06-07 14:29  

<< 年に一度のドライブ旅! フラ... >>