変な思い出話し

前回からまた日にちが空いちゃった。。。

今、新春ライブで踊る、新しい踊りを、日数がないから慌てて作っている。

でもスムーズに出来るわけがなく、作っては直しを恐ろしく繰り返していて、

こんな作業を延々やってるから、時間も日数もどんどん過ぎててしまう。



それに、リサイタルが終わってから、急に心境の変化で、

「 切り替えの時期 」という気持ちになってきた。

自分の中で、物事の考え方、仕事のやり方など、

他にもいっぱいあるけれど、思い切った変換をする時期だ、と

自分の中の何らかの感覚が、ジワジワと私にソレを感じさせるので、

抵抗もせず、それに素直に従って、様々な切り替えを自分の中でやっている。



まずは、引っ越し。

今住んでいる所から、目と鼻の先への引っ越しだけど、

私の中で、「引っ越じゃい!」と、ハッとひらめく瞬間があったので、

そういう閃きの時は、素直に従うのが一番。

ってなことで、くそ忙しいのに、輪をかけて忙しくなる準備を始めておりまする。



で、棚の中のいらないものは捨てなきゃなぁ、と思いながら、

棚の中のものをゴソゴソ確認していると、

おっそろしく懐かしいものが次々と出てくる。

お~お~、なっつかしいなぁ~~~と、ひとつひとつに叫んで、中身を見るから、

いっこうに片付かないッたらありゃしない。



で、感覚人間の私は、一つのものを見ると、そこから一瞬にして、

空想や想像が広がっちゃって、ついでに色んな過去の記憶までも芋ツル式に出る。

そこで、やぁっと今回のタイトルの内容に近づくけど、

そして、引っ越しの話とは全く関係ないけど、急に「アチキの様々な変な思い出」が、

大量に脳ミソから噴き出してきた。



私の、虫にまつわる話じゃないけど、もう一つの、私に関する変な話をしたいと思う。

すでに読んでくださったように、私の人生は、虫と前世から何らかのつながりがあるらしく、

ありえない虫攻撃の人生を歩んでいる。

まぁまぁ笑える虫の話しと違って、みなさんを不愉快にさせてしまうかもしれないけど、

これもそうめったに、普通の人には経験できないことだと思うので、

面白いから書いちゃおうと思う。



実は、、、

私は、、、、 ”変な人間に出くわす運命” にあるのだ。


変態、ストーカー、犯罪、事故、、、、もっとあるだろうなぁ。

具体的に書くと、あまりにもグロいし、これを読んでイヤな感じを

させてしまうと申し訳ないので書かないけど、

本当に、日本の社会には、へ~~~んな人間で溢れているのだ。

普通の人にはなかなか出会えない、

そんな、へ~~~んな人間に、私は居合わしてしまうのだ。



変態やチカンの種類は、その中でも飛びぬけて多い。

道や電車で、笑っちゃうタイプの変態から、アホか!と叫びたくなる変態タイプまで、

いったい何十人の変態に遭っただろうか。。。


特に、チカンは(自慢で言ってるんじゃないですヨ!)、

中学から、特に高校を卒業するまで、数回、なんてもんじゃなくて、

本当に何百回というチカン回数にあってきた。

今は、チカンらしきオトコの指の先が、一瞬触れただけでも

大騒ぎ出来る時代だけど、昔は全て「黙って逃げるのみ」だったのだ。


チカンでも、個人のチカン、グループのチカン、変態タイプのチカンと様々で、

私なりのグループ分けができ、それぞれのグループにも何十回と被害を受けているから、

チカンにあった時は、どのグループに所属しているか、

そしてどのようなタイプかで、対処方法を選ぶ。

もちろん、その場から逃れる方法ですヨ。

とまぁ、こんな経験が豊富な私は、自信もって「チカンの本」が書ける。

(こんなこと自信持ってもねぇ。。。)



変態とチカンの話はこれくらいにして、

さらに、犯罪の場面とかも、正確に数えてないけど、最低15回以上は見てきたなぁ。


そしてそして、

自分の身にふりかかった中でもNo1になる事件を書こう!、と思ったところで、

読み返してみると、ここにたどり着くまで、すでに長文になってしまってるので、

続編は明日書くことにします。


クラスが終わってから書いているので、お腹が空いたのだよ。

家に帰って、ご飯たべまぁす!

また明日~ 



                                    12月18日
[PR]

by amicielo33 | 2013-12-18 23:42  

<<        そうめったに体験...    ... >>