<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

      四万十川と岡山・直島の写真なり~

本日は高知県・四万十川と、

最終日に訪れた、岡山県宇野港から船で渡った直島の写真です!



長い間、訪れてみたかった四万十川へ。

私は、水のあるところは必ず、何気なくゆっくり一周する船に乗るのが好きで、

なので、四万十川でも屋形船に乗りました。

私と、お二人揃って80才を迎えた記念に四万十川を訪れたとおっしゃるご夫妻と

合計3人で、ぜいたくに屋形船に乗って、最高に美しい四万十川を見ました。

いやぁ~ 本当に穏やかで、静かで、美しくて、

川と空以外は全て、輝く緑、緑、緑。

たくさんのウグイスの澄み切った声が響き渡り、

こんなに心を癒してくれるものって、

私にとっては ”大自然” なんだなぁ。




  正に鏡のよう
e0262970_21183622.jpg





   
 川がクネクネしているから水面に風が当たらず、波が立たないんだって
e0262970_21190386.jpg





             
もうどこが境目がわかんなくなる
e0262970_21191818.jpg






e0262970_21193277.jpg



四万十川が大水に襲われた時に、

橋が流されないように、何の手すりも柵もない

「沈下橋(ちんかばし)」が合計47もあるそうで

この写真はその中の一つ、高瀬沈下橋。

車1台分ギリギリの幅しかなく、よそ見したら車ごと落ちるので、

かなり緊張して運転! おっとろしかったぁ



             
              写真だと道幅広く見えるけど、車幅だけでギリギリ
e0262970_21195695.jpg



四万十の美しさを堪能したのはいいんだけど、

屋形船に乗るためと帰りも四万十川沿いの細い道や国道441号を通るのだけど、

恐ろしく細い道幅で、普通車1台で道幅ギリギリの箇所がわりとあるのです。


もちろん対向車も来るし、クネクネのカーブの連続が数キロ続くので

対向車が来ないように!!!と祈り倒しながら必死で運転!


たまにすれ違いできるように広くなってる場所はあるけれど、

万が一、道幅が狭いところで対向車と向かい合うと、どちらかが

何十メートルも、クネクネのカーブをバックしなくてはいけないので

運転に慣れてるとはいえ、あんな場所でバックしたくない!

いやいや、四万十の道は、おっとろしかったぁ~~~。





最終日に、瀬戸大橋を渡り岡山県に入って港に車を停めて、船で直島へ。

直島、豊島、犬嶋は、ベネッセが現代アートに力を入れてる島々。

2年前に豊島を訪れてとても良かったので、今年は直島に行きました。



            
  直島の宮浦港に着くと、真っ先に草間彌生さんの作品が見えます
e0262970_15075578.jpg



              このかぼちゃの中身はこんな感じ
e0262970_15081017.jpg




広い場所では、レンタサイクルを利用すべし!

私がモットーとしている事でござりまする。

なので、直島でも真っ先に自転車をレンタルして島内を走り回りました。


              
 「地中美術館」(内部写真は禁止) 私の大好きな美術館です
  美術館内に4つの大きな作品があり、なぜ「地中の作品か」を感じ取ることができますヨ
e0262970_15065904.jpg





              ここも良かったなぁ  李禹煥(リウファン)美術館
e0262970_15263330.jpg





  
         ここも館内撮影禁止 なので入り口の壁にある彼の作品を撮影
e0262970_15072662.jpg





              自転車で走ってる間、ずっとこういうスバラシい景色 
e0262970_15400903.jpg





             
           神社全体が現代アートになってる  階段が分厚いクリスタル              
e0262970_15101409.jpg





       上の作品の地下へは、懐中電灯を持って暗黒の場所に入ります       
e0262970_15111072.jpg






              私の好きな、ニキドサンファルの作品
e0262970_15090864.jpg






              デッキの木陰も気持ちいい! 
e0262970_15363723.jpg






              これも有名な、草間彌生さんの作品
e0262970_15084747.jpg




   
     このカボチャをどう撮影するか、6人のスペイン人観光客が大騒ぎしてました     
e0262970_15354796.jpg




              おお、実にモリモリしてますなぁ
e0262970_15371383.jpg





他にも、もっともっとたくさんの作品があり、

自転車で制覇していきました。



今回の旅でも、大自然に包まれ、癒され、励まされ、大きな力をもらいました。

日本の自然は本当に本当に繊細で素晴らしい。

日本にはまだ知らない素敵な場所が何千何万とあるから、

チャンスを狙って少しずつ訪れたいと思います。



来年は、広島や山口の方へ行きたいなぁ。

帰りにまた、豊島に行きたいよ~。

今回の旅は、合計2400km の行程でした!

               
                          5月24日

[PR]

by amicielo33 | 2017-05-24 16:19  

         高知に行ってきました

毎年恒例のお伊勢参り。

そして私の大好きな長距離ドライブ。

気持ちが元気になったところで、さらに気力を高めるために

伊勢参拝で感謝の気持ちをしっかりと伝えるのをスタートとして、

その次の日から、ずっと行ってみたかった高知県を走りまくりました!

伊勢から、淡路島経由でなく、岡山から瀬戸大橋を渡って四国に入り、

そのまま縦につき切って一挙に高知市へ。



高知県では、高知市→室戸岬→足摺岬→四万十川 をめぐり、

最終日は岡山の宇野港から船に乗って直島に渡り、現代アートを楽しんできました。

数々観光した中で、特に印象に残ったところの写真を紹介したいと思います。

今日のブログは、高知市内の牧野植物園と、土佐清水市にある、

竜串海岸の写真をお見せしたいと思います。



私は、観光した先々で植物園があると必ず行くのだけど、

植物園なのに、感動して涙が出たのはここが初めてでした。

「日本の植物学の父」と呼ばれた牧野富太郎植学者。

恐ろしいほどの情熱を一生涯かけて、植物採取や新種の発見に尽くした

牧野富太郎さんの一生を知って、胸が熱くなり、その情熱に涙が出ました。

植物園の建物は、実におしゃれで、素敵な空間であふれていました。



              「高知県立 牧野植物園」正面門
e0262970_21545459.jpg



    
              門を入ると長い回廊
              
e0262970_21511724.jpg




              ホッとできる空間ばかり
e0262970_21514583.jpg





                  広い中庭の中の池を渡り、奥の熱帯植物館へ
e0262970_21520305.jpg





               熱帯植物館の入り口
e0262970_21522251.jpg




              巨大オニバスの裏側
e0262970_21530782.jpg




              巨大オニバスの子供が、亀の子タワシみたいとは知らなんだ
e0262970_22124165.jpg




次の写真は、土佐清水市にある 足摺宇和海国立公園の中の「竜串海岸」。

ここは、奇勝奇岩の壮大な景色で、全てが不思議な岩ばかり。

自然が創り出す驚異の世界に感心しまくりでした。





              巨大ウンコみたい 恐竜の骨、の方がきれいかな
              
e0262970_22254350.jpg





              こういうのが何百本も、ドバーッとあるので圧巻!   
              
e0262970_22372096.jpg





              こんな岩もあるヨ  気持ちわり~ イ~ッとなる
              
e0262970_22261949.jpg






              不思議な状態で埋まってる、丸い石たち
              
e0262970_22270222.jpg






              恐竜の背びれみたいなのも埋まってました
e0262970_22264357.jpg






              激しい波や風の浸食で出来た、蜂の巣構造という岩肌のアップ               
e0262970_22275610.jpg




ここまで書いて、すんごく疲れたので、

私にとってベストだった、四万十川は次のブログに書きます!

                        
                                  5月22日



[PR]

by amicielo33 | 2017-05-22 22:49  

    ずっと気持ちが ⤵⤵⤵ でした

今年の3月頃からつい最近まで

「自分とフラメンコ」について考えてしまって

ま、これは、スペインに留学に行ってから、頻繁にぶつかってきた壁だけど、

今回はなんかしら、ずっと重くて、

考えれば考えるほど、全てマイナス思考につながり、

だから前向きなパワーが全く湧き出ず、

実にブルーな数ヶ月を送ってきた。



100%承知の上にやっていことだけど、

そして100%好きだからやっていることだけど、

私がフラメンコを続ける事が、

世の中の、何の、誰の役に立っているんだろう、、、

これからも続ける意味はあるのか?を考えると

とっても大きな壁が、どど~んと目の前に立ちふさがり、

考えても考えても明確な答えが見えないから、

この大きな壁を乗り越えることができない。



てな状態が、最近まで続き、

いやいやそれじゃあいけない、という自分が、

ようやく少し立ち上がって来てくれて、

そのパーセンテージがちょっとずつ大きくなって、

今はとにかく、もう少し続けなきゃ、と

やっと一歩を踏み出せる気持ちが出てきた。

だから、また⤵⤵⤵となって、考え込まないように、

こうしてここで文章にして、自分に言い聞かせているところだ。



そして自分でお尻を叩き続けられるように、

今年の10月27日(金)に(申し込みが遅かったから平日なんだけど)

劇場でのリサイタルをすることに決めた。

今回も、私が得意とする創作作品を、劇場用に創り、

見てくださる方々の心に残る、そしてメッセージが伝わる、

でもフラメンカな作品になるように全力を尽くそうと思う。




これを大きな目標として頑張っていけば、

また心にエンジンがかかって、

しっかりと前に進む自分が出てくるかもしれない。

自分が、確実に世の中の何かの役に立てるよう、

誰かの背中を押してあげられるように、

まずは自分がしっかりしなくちゃ。

さぁ、気持ちの切り替えをしよう。

前を向いて、今をしっかり踏み固めれば

また明日は、明日の風が吹き、

それによって、明後日の自分が見えてくる。


                           5月11日















[PR]

by amicielo33 | 2017-05-11 15:35