<   2017年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

  こういう事も知ってください

春満開。

桜のつぼみが微妙に開ききらずに、なかなか満開にならなかったけれど

やっとこさ、この近辺の桜すべてが満開を終えつつある。

桜が満開になる度に、亡くなった両親と満開の桜との思い出がよみがえる。

美しいけれど、なんとも言えない寂しさに包まれる。



そしてもう一つ。

スタジオの近くの蚕糸の森公園の満開の桜を見に、

今年も一緒にいてあげられなかった、と思う生徒がいる。

一緒に見れなくなって、もう4年目になる。

その生徒がとても重い心の病を患って、もう4年目になる。



私にフラメンコを習いに来てくれるために、遠い北海道から引っ越して、

そして関東で仕事も見つけ、

フラメンコと仕事で、夢にあふれた ”これから” が始まろうとしていた。

そんな彼女に、突然の仕事場での不幸な出来事が襲い、

その出来事が引き金となって、

彼女の心の奥底で、一生封印していたかった、人生で一番辛い地獄の記憶が

彼女の存在全てを一挙に飲み込んでしまった。

その日から今なお、彼女は壮絶な心の病と闘い続けている。




人生で一番辛い地獄の記憶。。。

最近になって、社会的に恐ろしいほど増加している問題。

「両親による子供への虐待」。

虐待の方法は様々ある。

殴る、蹴る、罵倒する、子供の人格を無視する。。。

どれもこれも、抵抗出来ない無実の小さな子供に対して、

それも血のつながった我が子に対して、

親の気分次第で容赦なく子供の心と身体を叩きのめす。




その生徒も、父親の激しい暴力から母親と逃げ、

でも母親からも見放され、無視され、

幼稚園の頃からご飯さえも作ってもらえず、

いつも家には誰もいなくて、

机の上にコンビニのパンが1個置いてあるのを、毎日一人でかじるだけ。

幼少の頃から、母親から温かい言葉ひとつもかけてもらえず、

会話も、日常の挨拶すらも全くなく、完全に無視。

学校の全ての行事も、卒業式ですら、全て完全無視。

そんな辛い思いをしていても、虐待を受けている子供達は、

何とかお母さんに愛してもらいたくて、

何とかお母さんの目を自分に向けてもらいたくて、

小さい子供ながらも、必死に親の気持ちを気遣って、

家の外では、そんな親をかばって、家での出来事を決して誰にも言わず、

自分のせいで親をますます怒らせてはいけないと、

親に対してひたすら 「ごめんなさい!」 と謝り続ける。




その生徒は高校を卒業するまで母親の虐待を受け続け、

奨学金をもらって遠い北海道の大学に逃げた。

こうしてやっと自分の力で母親から逃げ、

これから自分の力で新しい人生を始めるために、

全ての地獄の記憶を心に封印したのだ。

しかし、あまりにも不運な出来事にその封印が開けられ、

新たな地獄が始まったのだ。




『なぜ、親は自分を愛してくれなかったのか』

この返答と説明をしてもらいたくて、虐待をうけた子供たちは

大きくなってから激しく苦しみ続ける。

それは、虐待をした親から絶対に答えをもらえないからだ。

虐待をした親は、自分が悪いとは決して思っていない場合が非常に多い。

自覚がないので、「そんな酷い事を我が子にするわけない!」と平気で言う。

中には、申し訳ないとは頭の隅で思いながらも、

思考とは関係なく、暴力を抑えられないという場合も多い。




「私を思い切り愛してくれる ”お母さん” がほしい」

彼女はこの言葉を咽の奥で振り絞りながら、嗚咽する。

繰り返すリストカット。

もちろん自分ではリストカットしてはいけないのはわかっているけれど、

自分の肉体を切っている痛みを感じる方が、

心の痛みを耐えるより救われる、と言う。

リストカットする生徒は、血の流れる自分の腕の写真を撮って、

無意識にその写真を私に送ってくれる。(同じ問題を抱えた別の生徒も同じだった)

突然送られてくる、血の流れた写真を見た瞬間、

痛烈に感じるメッセージを感じる。

「私の存在を認めて!」 と。

切る事の痛みで、心の痛みを抑えると言うけれど、

親に対して、自分という存在があって、それを世の中で一番大事な親に

しっかりと認めて、受け止めてもらいたいという気持ちを

心の底でもがきながら必死に叫んでいるような気がしてたまらない。




その生徒も、澄み切った、薄いガラスのような、繊細で美しい心を持っている。

いつも人に気を遣い、誰よりも人に対して心配りを絶やさず、

病に陥るまでは、まるで太陽に向いているヒマワリのような明るい性格だった。

それなのに、封印されていた地獄が蘇ってから今日までの4年間、

過去と同じ、いや、それ以上の、生と死の狭間でどれほど苦しんでいるか。

今まで何ひとつ悪い事なんかしていないのに。

誰よりも、今まで死ぬほど頑張って生きてきているのに。




このブログを読んでくださった人に、

このような現実が、周りにたくさん起きていることを知ってもらいたい。

親の虐待により、小さな子供ながらも、

普通の人には想像を絶するほどの恐怖と苦悩の年月を過ごし、

どんなに幼少でも誰にも守られず、誰にも救われず、

親から愛されない自分の運命を悩み苦しみ続け

しかし、少しずつ大人になるにつれて、この地獄を決して思い出さないように

心の中に封印している人が、実に多くいることを。




我が子がケンカして泣いたり、いじめられたり、何かの問題を抱えて悩んでいても、

子供の立場からしたら辛くてたまらない事だけど、

それを全力で心配して、全力で助けてくれる 『親の愛情』 があるという事は、

当たり前の事のようだけど、

子供にとって、どれほど幸せで、どれほど恵まれている事なのか

改めて気が付かされる。



その生徒の、全ての心を私は理解してあげられないし、救ってあげられない。

彼女に声を出す力と気力がある時にだけ、

話を聞いてあげて、心に寄り添うだけだ。

それでも彼女は、確実に、自ら立ち上がろうと

全力を尽くして、一瞬一瞬と闘っている。



彼女には言えない言葉だし、他の言葉では思い付かないけれど、


  絶対に生きていて!!! がんばって!!!


                         4月11日
























[PR]

by amicielo33 | 2017-04-11 18:54