<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

     うん!いい感じになりそう!

10月2日(日)と23日(日)に面白い企画のライブをやる。

「Chispa y la nada  ~無と閃光~」

イメージとして、暗闇のような無の状態の中に、

スッと細い光りの線が走り、

再び 無があり、そして突然、まぶしいほどの閃光が放たれる、そんな感じ。



ということで、今回はなんとなんと、御大の空手武術家に出演していただくのだ。

日本=空手 というイメージが外国人には強くあるようで、

日本と聞くと直ぐに外人は、ブルースリーの「アチャ~」ポーズを取っていた。

それを見て、アハハと笑いながらも、心の中で、アホか、と思ってしまうのだけど、

昔は日本人でも、フラメンコと聞くと、オッサンたちは直ぐに、

「ああ、あれね!汗まみれで口にバラを加えてさぁ」 と言って、

両手を耳横でパンパンとたたくのが当たり前だった。

それを見ると、そのオッサンの真上から爆弾を落としたくなるが、

ま、イメージというものは、目と耳に一番焼き付いた部分がデフォルメされて

人々の脳裏に残るものだから仕方ない。

しかし! 

デフォルメ部分だけで、空手もフラメンコも想像してはいけないのです。



カンテとの関わりやギターやパルマとのやりとりの中で、

緊張の中に、完全な力の解放と脱力、とがあり、それが起承転結と繋がりながら、

テンションMAXの爆発力を迎える流れを作れるのが

レベルの高いフラメンコ舞踊家の共通点だ。

この「力の解放と脱力」がなく、

最初から最後まで 力100%で踊ると、人間100以上は出せないので

結局は最初から最後まで同じに見えてしまうし、

何よりも、踊る側が疲れ果てるし、

観ている側も、始まって3分で疲れ、そして飽きる。

良い踊り手は、緩急を自在に操るので、観ている人も自然と力が抜け、

その状態だからこそ、踊り手と同じ呼吸でフラメンコを共有し、共感できる。



恥ずかしながら、私は日本人でありながら、空手という日本の伝統文化を全く知らず、

なので、偉そうな事は一切言えなく、ど素人意見になってしまうけど、

空手の実力のある方達の動きを拝見した時に、

正に「力の解放と脱力 そして爆発」の凄さに驚いた、というか感動したのだ。

フワァ~と腕を動かし、次の瞬間はまさに閃光のごとく、

信じられない破壊力を出すのだ。

素人がイメージする、典型的な、派手で大きな動きの連続で、

力全開で次々と足や腕で板などをバンバン割りまくる、なんかではない。

正に、"無と閃光” だったのだ。



ひぇ~!!!まさに、動きの根本はフラメンコと同じじゃん。

と、ものすごく軽い意見になっちゃうけど、

フラメンコも空手も、全く異種の文化ではあるけれど、

動きの根本に関しては、両者全く同じであるという事に感銘を受けたのだ。

だからこうして、今回はこの企画に踏み切ったのだ。



でも、実際に準備に取りかかると、

こんな事をして、貴重な国の文化を安っぽくしてしまうのではないか、とか、

せっかく出演していただく御大の存在を軽くしてしまうのではないだろうか、とか

単純に、バカっぽいステージになるんじゃないかとか、

じゃぁどうやって、動きの根本の共通点を表現し、

無言の中で、お客さんにこのメッセージを感じてもらえるか、などなど

毎日毎日頭を抱えまくっていた。

でも、時間は残酷にバンバンと過ぎ、

本日、バックのアーティスト達とのリハーサルになってしまった。



彼らが、この内容を見る、初のお客さんでもあるので、

いったいスペイン人と日本人の彼らに、この企画がどう見えて、

どう感じるんだろう、とドキドキものだったけど、ギターの片桐さんも、そして

去年の舞台でも多大な協力をしてくれたディエゴ・ゴメスも非常に興味を示してくれ

空手の動きを見て感心しながら、次々と良い歌を選んでくれ、

本来なら、「空手とカンテ」なんて考えただけで笑っちゃうのだけど、

意味のある素晴らしいカンテをバックに、空手の師匠が静かに、

でも時には激しく空手の型で空気を切っていくと

カンテと空手に一切違和感がなく、全く自然に見えてくるのだ。



私も逆に、無音楽で、振付けでないフラメンコの動きを披露すると、

それを初見で見たディエゴも、ギターの片桐さんも、空手の師匠も、

「両者の動きの根本って、ホントに同じだなんだねぇ」 と言ってくださった。

スタートから最後まで 11の展開が行われるのだけど、

フラメンコはもちろん、空手の様々な箇所にもカンテやギターが加わり、

全体を通すと、嬉しいことに、なかなか面白い流れになっている。



「うん!いい感じになりそう!」



毎日毎日悩みまくっていた、その真っ暗な中に、

閃光のように、この手応えが私に届いたのだ。

この企画が、変わったヘンテコリンなだけの企画でなく、

観てくださる方々に、私の伝えたい事を理解していただけるものに

「なんとか、いけるであろう」

という答えを本日もらえて、なんだか心の底からホッと出来たので

思わずブログに書いてしまった。

でも! あくまでもこれは現段階の状態なので、

本番はどうなるのかは、わからない。。。

恐ろしや。ああ恐ろしや。

1回目の本番まであと5日。

頑張りま~す!

                      9月26日
























[PR]

by amicielo33 | 2016-09-26 20:19  

   あ~~ど~~しよ~~!

もう3週間も経っちゃったけど、

8月28日のエル・フラメンコでのラストライブが終わった。

今までの長い踊りの人生の中で、疲労では5本の指に入るくらい、死ぬほど疲れた。

ホントに、死ぬほど疲れた。⇒ 理由は3つあるのだ ⇒ でも言わないのだ(-_-)

普段、自分が中心のステージでは4曲フルに踊っても

次の日も同じスタミナで平気で4曲踊れるのに、

今回は、勝負曲2曲と短い創作の踊り1曲で、それも1日で精根使い果たした。

でも、、、生徒達もメチャメチャ気合い入れて頑張って踊ったし、

お客さんもとっても喜んでくださって、

何よりも、エル・フラメンコに心からの感謝の気持ちを込めて踊れたので

私とエル・フラメンコの繋がりは、これで最高の思い出と心の財産として残せる。



そして、ステージの疲れで死んだ翌日から、10月2日と23日のステージの準備で

毎日毎日パニクリまくっている。

今回のライブは、なんとなんと、空手武術家の師匠をお呼びして、

コラボじゃないけど、同じステージで演じ合う。



空手の優れた有段者の方は、完全なる脱力、力の解放で、

フワ~~~ッと、腕と指先を空気の中で泳がせ、

次の瞬間、閃光のように、人間から出せる力ではないような破壊力を出す。

スゲ~~~! 

もちろん、これは長い年月、鍛え続けてきた大変な訓練があってこそ

このような人間業では出来ない異次元の力を出せるのだ。



でも、これを見て、、、心の底から思った。

フラメンコの踊りも、”舞踊の根源” としては空手とも同じなんだな、と。

身体の強い軸さえあれば、

腕も肩も背中も両足も、力が完全に抜けて解放されて、

だからこそ、一瞬の爆発力が出るのだ、と。

力の抜けた腕や体が、しなりとうねりなどの動きの流れとなり、

その流れが、ステージの空間と空気も大きく動かし、

そしてその流れの締めが、強い瞬発力で、閃光のように光る、、、

これが、フラメンコ舞踊の動きとして完璧なのだ。



なので、空手の師匠との動きの共通点を、私なんぞの動きで表現できるか、、、、

それで毎日、スタジオでひたすら、あーでもない、こーでもないと、

ズルズルズルズル、ずるずるずるずると、練習をしているのだ。

難しい! あ~~~~難しい! 

練習生のように、習った振り付けを、ひたすら一生懸命に

練習する事がなんと羨ましいか!!!

一から百まで自分で考えなきゃいけない身になると、

ホントに心の底から、自分の才能のなさとバカさに嫌気がさしてくる。

だから今も、ず~~~とアレコレ考えて練習しているうちに、

自分に対して激しく落ち込み、そしてウップンがたまり、

突然PCを開いて、このブログを書き始めた。

でも文頭から、おいらはアホバカまぬけ! とは書けないので、

急に力をなくし、おとなしくなって、

マジメに文章の構成立てをして書いている自分がいるので

ちょっと可笑しくなってきた。


もういいや。

自分の持っている能力って、ここまでなんだヨ。

これ以上の背伸びはムリなんだと、わかっちゃいるのに背伸びする自分に強く反省。

だから、自分の出来る事を全力で頑張ろう。

しかし! 今、頑張ってちょっと背伸びしないと、一歩先への進歩ないじゃん。

ああ、でも、もうライブまで時間がない!

あれも、これも、まだ出来てない!

ひえええええええええ~~~~!!!

もうどうにでもなれーーー! ヤケクソ!

                   
                   9月17日 
         

せっかくなので、エル・フラメンコの写真を載せます。
                
この入り口の看板は、セビージャに送られて展示されるそうな
e0262970_23310682.jpg
e0262970_23412851.jpg
e0262970_23470461.jpg
竹内店長にお礼の花束を渡しました
e0262970_23481071.jpg
竹内店長と岡田昌已先生
e0262970_23483638.jpg


 













[PR]

by amicielo33 | 2016-09-17 23:55