<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

    楽しんだぞ~!

「しばらくは楽しむぞ~!」

このフレーズが、今の私のテンションをアップしてくれる。

そっ、、か、  楽しんでいいんだっけ。


3月までの地獄のようなスケジュールが終わり、4月になって春も来たし、

楽しんでいいんだよ、好きな事していいんだよ、と、

自分に言い聞かせ、

それでも最初はなんだか抵抗があって、

やっぱり練習しなきゃ、とか

スタジオの仕事もやっちゃわなきゃ、とか

習慣ですっかり身に付いているこれらの考えで、

「休む事が恐怖と罪悪」、みたいになっている自分に、

しばらく冬眠?春眠?してもらうことにした。



ってなことで!!!

ハイハイ、ハイハイ!!!070.gif070.gif070.gif

行ってきました!!! ユニバーサルスタジオ!!!



ユニバーサルスタジオに、私の姉と2人で行ってきた。

姉も、私も(そう見えないと思うけど)、

ズコココーッ!と、急降下して落ちていく乗り物や

左右上下に揺さぶられまくって、宇宙を異常なスピードで飛び回る乗り物はとことん苦手で、

一生涯、死んでも乗るものかと、2人とも固く心に決めていた。

なので、

「ユニバーサルスタジオの雰囲気を楽しめばいいよね。

乗り物は超混んでるし、そこまでして乗らなくてもいいよね」 と、言っていた。



だけど、出発3日前になって2人でミーティングをし、

どーせ行くんだから 今話題の乗り物に死ぬのを覚悟で一つは乗ってみるべ、となり、

どーせ乗るなら、行列に並ばないでいいチケットもあるから、それを購入するべ、となり

せーっかく行くのだから、ガーーーッツリ楽しむべ、となり、

いざ、USJ へ! うぉー!



入園するのに10分ほど待ったけど、

行列で並んでいる90%くらいの人々が、中国人。そしてタイ人、韓国人。

たまぁ~~に関西弁が聞こえてくると、おお!日本人だ!という感動をする。



入園したら、突然、

ああ!やっとユニバーサルスタジオに来た! と、

急激に、私も姉もハイテンションになっちまい、

乗り物は一つ、という決意も一瞬にしてすっ飛び、

入園して4時間で、あの、特別チケットのお蔭で、ほぼ全ての話題の乗り物に乗れた。


ギョエエエエエエエー!!!と、大絶叫しながら、

全身の力で安全バーにしがみついて身体を支えるものだから、

腕が筋肉痛になるし、相当の体力を消耗してクタクタになる。



USJで、今、最も話題の、ハリーポッターゾーン。

ハリーポッターファンには申し訳ないけど、

私はキョーミがなく、まぁ一応見ておこうとくらいに思ってたけど、

下のセットが目に入った時は、驚いた。そしてさすがに圧倒される。 スゴイ!

e0262970_15481784.jpg

e0262970_22564643.jpg


それにしても、ハリーポッターの話題の乗り物は、もう最高!

夢と幸せと恐怖を、超ハイスピードで体験する事が出来た。 

もう一回乗りたいなぁ。



いっぱい乗りまくった中で、格別に楽しかったものが、

ハリーポッター と スパイダーマン 

ショーも、ターミネータ と ウォーターワールド のはかなり楽しかった。



それより、USJで一番気になった事は、

従業員の数が圧倒的に少ない事。

園内、なかなか見当たらない。

そして、園内で、道案内になるものが少なく、

おまけに園内地図と実際の建物の位置が、ビミョーに違うので

たびたびわからなくなり、

やっと見つけた係りの若い子達に尋ねてみると、

悪いけど、明るく楽しそうに、ややムリに振る舞ってくれるように見える。

ディズニーランドの人達と全く違って、、、なぁ~んかなぁ、、、、という感じになる。



特に、イラッときたケースは、

ジョーズがいる近くで飲み物を買った時、

「350円ジョーズですぅ」 と、販売員のおねーちゃん。

400円渡すと、

「はい、おつり50円ジョーズですぅ」

50円のおつりをお財布に入れている時、

「今日はいいお天気ジョーズですね! 続けて楽しんでくださいジョーズ」

その場を離れる時、

そのおねーちゃんは、目の前30cmの距離で、

「いってらっしゃいジョーズ!」 と、手の平を広げた両手を思い切り振ってくれた。  

おいおい・・・・。



それ以外は、思う存分楽しんで、そしてクタクタになって帰ろうとした時に、

面白そうな一角があったので、ちょっと寄ってみたら、

なんとなんと、進撃の巨人!(光の具合でちょっと暗いけど)
e0262970_23114322.jpg



  このスバラシイおケツとリアルな血管
e0262970_16371358.jpg


  この生々しい、生きた足!
e0262970_16402685.jpg


大人の身長が、巨人のふくらはぎより下だから、圧倒するほど大きい。

やけに感動してしまって見とれてしまった。


  その横にあった、気持ち悪いものもついでに
e0262970_2295791.jpg




ショーもたっぷり見て、

あれだけ拒絶していた乗り物も、ほぼ制覇して、

思う存分に楽しめた一日でした。(食べ物はかなり高い!)

私の姉が大学卒業直後に結婚をしてすぐにアメリカに渡り、15年ほどロスに住んでいた。

その時に、姉夫婦を訪ねて、何度か私もロスに行き、

本場ロサンゼルスのユニバーサルスタジオに連れて行ってもらった。

あの時、ユニバーサルスタジオで感じた幸せは、一生忘れない。

まさに、本場アメリカ・ユニバーサルの映画制作過程を、実際に体験できる

そんなアトラクションばかりの園内だった。

本当に、楽しくて楽しくて楽しくて、楽し過ぎて気が狂うかと思ったくらいだ。



だから、あの最高の幸せの印象が強すぎて、

日本のユニバーサルに行くのは、正直、ずっと抵抗があった。

でも今回、思い切って行ってみてよかった。

きっとこれから何年か後には、係りの人や、その応対、そして施設も、

もっともっと洗練されて、良くなっていくんだろうと思った。

(上から目線)




そう、やっぱ、楽しまなきゃ!

仕事を離れて、思う存分楽しむことはいいですねぇ~~~056.gif070.gif


                                         4月29日
[PR]

by amicielo33 | 2015-04-29 23:26  

    プチ お知らせ~

母が亡くなって、毎日病院へ行く必要がなくなったので

もっとゆとりが生まれるかと思ったけど

‶余裕の時間が持てちゃうな” という甘えから、

仕事を無意識にスピードダウンしてやってるらしく、

結局、ずるずると仕事をしているようで、

んで、結局、毎日すんごく忙しくなっている。 

アホだ。



それで、これからの事、といっても、ぜ~んぜん大したことないけど、

プチお知らせがあるので、

ご報告しーちゃお、ってなこんたんです。



あと数週間後ですが、

PC用の私のHP以外に、アイホンとかスマホとか、

携帯用の私のHPが登場いたします!

私のHPを作ってくださっている、カッコイイYさんが

ホントに、ホントに、ホント~~によくしてくださる方で、

私のHPもご存じの通り、とても素敵なものを作ってくださってますが、

今度の新しいのも、数ヶ月前から全力投球で作ってくださっています!



新作は、画像がメインで、

ページの進め方も、ものすごくオシャレ。

1ページずつ読み込む時間がないように、

私にはチンプンカンプンのシステムを導入して、

サラサラと見れるようになっている。

小さな画面で見てもらうのがもったいないくらい。



で!!!

ラストのページから私のブログとfacebookにつながるようになるのだけど、

このfacebookに関して、私はどーやっていいのかわからないので、

ずーーーーっと、生徒のバシに任せっきりで、ノータッチだった。

それで、今、試作中の新しいHPから、初めて私のFacebookを見てビックリ(゚Д゚;)

今までのイベントを、バシはちゃんと載せていてくれていた上に、

「いいね」を教えてくれている人もいるではないか!!!

すんごい驚いた。



私の事なのに、今までこのような事をしてくれているのを

全く知らなかった自分に激しく反省。。。

「いいね」を押してくださっていた数人のみなさん(笑)、本当にありがとうございます!

バシもありがとうね!

これから新しいこのHPが出来たら、

ちゃんと私が責任もってやりますので、

続けてよろしくお願いいたします。040.gif



次に、、、

長年、色んなタイプの舞台に出演させていただいてきて、

そしていつもいつも、舞台内容のニーズに合わせて、

踊る内容はもちろんだけど、踊るスタイルも時には変え、

時代の流行りのスタイルにも影響され、

自分のフラメンコを維持しながらも、こういった事に多少振り回され、

「う~ん、もっと自分だけの踊りをやりたいのになぁ」 と思いつつも

背中に火が付いたような状態で

毎回の舞台のゴールに向けて走り続けてきた。




で、今年は3月までは死ぬほど忙しかったけど、

夏まで、毎年出演していた舞台など、今年はやめることにして、

週1回は休む、とか、毎日帰りが24時近くになるので、

22時には家に帰って、23時までに晩ゴハンを食べる、とか、

もっと、「普通の生活」 という時間を大切にして、

何よりも、「本当に自分がしたいもの」 について考えようと思った。

もちろん、フラメンコで。



それで、昔の、私がガムシャラに、そして夢だけを追って

死にもの狂いで勉強していた、スペイン留学時代の心を素直に思い出し、

ああ、昔の時代に戻りたい!!!と、強く思ったのだ。

若くなりたい、とかそんなんじゃないんですヨ~!



フラメンコの、もう今は存在しない、

濃厚なエッセンスにあふれて、これ以上のフラメンカなことはない、

というくらいのフラメンコの豊かな時代に、

私はラッキーにも、セビージャの土地で学び、生活し、

そして、その黄金のフラメンコ時代を

私の、五感で、全身全霊で感じてきたのだ。

もちろん、大昔の元祖の時代が、本物の時代なんだけど、

それでも、その後に続いた ‶どフラメンコ” のアーティスト達が、

正に旬の時代であり、その旬の彼らを、私は、生で、そしてアンダルシアの土地で、

見て、聞いて、感じまくる年月を過ごしてきた。


その中で、私は踊り手なので、私の大好きなバイレフラメンコのスタイルがあり、

ずっと、私の理想として、いつも私の心の中に抱き続けてきた。

でも、練習生の身であった私には、あまりにも究極の芸術すぎて恐れ多いし、

とてもじゃないけど、日本人の、それも練習生になど

一生かかっても踊れないと思っていた。



でも、今になって、

もう一度チャレンジしてみよう! という気持ちになってきたのだ。

そして、タブラオでもない、

でも、私が育ってきた、「舞台」という空間を使って、

私が最初に出会い、恋い焦がれ、必死に勉強していた、

あの時代のフラメンコを思い出して踊りたい!と。



でも、この時代、大きな舞台を借りて、大々的にやると、

まず経済的に厳し過ぎるし、それで精根使い果たしてしまうので、

逆に、う~~んう~~~んと小っちゃな場所を選んでみた。

でも、ちゃんとした劇場。

ギター1人、カンテ1人、そして私。

モダンなものも一切いれず、

懐かしいフラメンコにチャレンジしたいと思っている。



そして、1回限りじゃなくて、

観に来てくださったお客様が、いいフラメンコだった、また見たい、

と思ってくださったら、また気楽に来ていただけるように、

チョコチョコと、細々とでも続けていきたいと思っている。

その第1弾で、9月22日(火・祝)、23日(水・祝)を予定している。

その後、10月17日(土)栃木にて。 さらに11月1日(日)も。

東京では、70人ちょいしか入らないミニ劇場です。

もし興味のある方はぜひいらしてくださいね。

もちろん、夏にチラシをちゃんと作って宣伝します!



最後に、

来月5月20日発売の、月刊パセオ6月号の 「ラ・フォルマ」 に出まぁ~す!

このシリーズは、踊り手が毎回紹介されて、

舞台写真が掲載され、その写真の場面で、どのような踊りの技術に気を付けながら、

このような美しい動きを生み出したのか、という、

そういう踊り手の経験談を記事にする内容なんだけど、

パセオ編集長の小倉さんに取材していただいた時、

「この写真に写っている時に、アミさんはどんな技術を考えて踊ってましたか?」 と聞かれ、

私は、「う~~~~ん、、、、わかんない」。

その後、舞台上で技術的にどんな事に気を付けてましたか?とか、

色々と質問されたのだけど、

私としては、全く、ホントに、答えようがなくて、

全部、「わかんない」 という、アホの一言の繰り返し。


だって、舞台の上に立つまでに全ての技術訓練は終わっちゃって、

舞台上では、全く何も考えず、

全身を「耳」にして、この世の中、カンテとギターしかいない、という状態で踊っているから、

技術について説明してほしい、「ラ・フォルマ」の取材が全く成り立たず、

編集長の小倉さんがついに諦めて、

「じゃぁ、今回は全く違うパターンでやっちゃいましょー!」 ということで、

本来の目的とは違った記事内容で、掲載される事になった。



私は、自分で言うのもなんだけど、

理路整然と説明するのはわりと得意で、

なんてことないテーマでも、内容を見つけ出してなんとか説明できる。

だけど、今回だけは、本当に自分で驚くほど説明が出来ず、

今まで「ラ・フォルマ」に掲載されてきた記事を読んで、

みんな、よく説明できるなぁ~と、すごく感心してしまった。



てーことで、今回も長々と書いてしまいましたが、

プチ・ミニ報告でした。

今月中に、最近楽しんだ事を書きます!

ではでは029.gif


                                    4月24日
[PR]

by amicielo33 | 2015-04-24 17:24  

   ありがとうございます!

昨日、母の死について書いたブログの最後に書かなくてはいけなかったのだけど、

母について、自分の中で整理をしたくて、そして記録として残したくて書いただけなんです。

なので、今の私は、毎日悲しみに打ちひしがれて、、、

な~~んて事は全くないんですヨ!!!


完全に立ち直って、

全く普通に生活してます!

たまたま昨日のように、母との思い出のものを見たりしたら、

一瞬、涙が出ちゃうけど、

でも、本当に、私は母の死を納得して受け止め、今はケロリとして生きてます。


なので、みなさんが心配してくださる優しいお気持ちを心からありがたく頂戴いたしますので、

もう、何もお気を遣わないようにお願いしますね。

皆さまのお気持ちに、天国の母が大喜びしています。



心配してくださって、本当に、本当にありがとうございます!

私は、バッチリ元気ですよ~~~003.gif056.gif


                                    4月1日
[PR]

by amicielo33 | 2015-04-01 23:30