<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

   私の恩師 その1

私の人生で、幸運にも2人の恩師に出会った。

クラシックバレエの千葉先生。

そしてフラメンコの岡田昌已先生。

この恩師2人に出会うことが出来たからこそ、今の自分がいると思う。



今回は、最初に出会った、バレエの千葉先生について書きたいと思う。

元・東京バレエ団のプリマであった、旧姓・安井千香先生。

私がまだ24歳という恐ろしく若い頃、私のフラメンコ人生で一番最初に所属していた、

佐藤桂子先生の舞踊団員で、イヤでも年功序列で舞踊団の上の方に立たされていた。


その当時、舞踊団の上の存在なのに、ひとつのターンすらも出来ず、

「何一つちゃんと出来なくて恥ずかしい~」、という言葉だけが

頭にへばりついていて、でも、誰も何も教えてくれないのでどうすることも出来ず、

毎回のレッスンや舞台で、なんとも言えない重い気持ちで踊っていた。



その頃、体操の金メダリストである塚原光男さん(月面宙返りを生み出した人)が

主任としてやっていた朝日生命の体操クラブで、私はアルバイトとして、

女子の床運動の生ピアノ伴奏と美容体操の助手をしていた。


そして、機械体操の選手でもあり、美容体操の指導もしていた、私と同様、

自分の体操の演技に悩みまくっていた2人がいた。

その2人がある日私に、

「美容体操クラスに、東京バレエ団のプリマを引退したての人が入会してるヨ!」、

と興奮した顔で言ってきた。 そして、その2人は私に、

「ダメでもともと。 思い切って3人だけのバレエのクラスを頼んでみようよ!」と言ってきた。

こんなチャンスはない! もう、藁にもすがる思いで、千葉先生にクラスを懇願した。



それから、私含めて3人だけの、特別バレエクラスが始まったのだ。

3人とも、クラシックの基礎など本当に何もわからず、

そして、ひたすら何一つできず、

でも、今の自分に絶対に必要な内容が、詰りまくっている豊富な内容なので、

死にもの狂いで習得しようとするのだけど、

クラシックバレエというのは、幼少の頃、遅くても10代の頃からやっていないと、

どーにもこーにもついていけないので、

ひたすら、悔しナミダ、悲しナミダ、残念ナミダ、をこらえてのレッスンだった。

でも、週2~3回のレッスンは、スペインに留学するまので6年間、

絶対に、絶対に、休まずに行き続けた。

持続は力なりの言葉を信じて。



まぁこれは私たち側の様子だけど、

今回書きたかった事は、千葉先生の指導方法だ。


   『 強い熱意をもって、全力で生徒を指導し、全ての内容を伝える 』



ゼロの状態の私たちを、実に根気よく、そして強い熱意と愛情で、

私がスペインに旅立つまで、全力で指導をしてくださった。

私はバレリーナを目指しているわけではなく、

ただひたすら、舞踊基礎を身に付けたい一心で頑張り続けたのだけど、

とにかく出来なくて出来なくてホント―――に出来なくて、

何百回もくじけて、何百回もやめようかと思ったけど、

私たちの想いを受け止めださる、千葉先生の強い愛情と熱意による指導があったからこそ、

どうにかこうにか、舞踊基礎を理解し、そして身に付けていくことができたのだ。



クラスの時、よく私たちが千葉先生に対してこう言った。

「先生! 先生が長年、汗と苦労と努力で得た最高の技術を、

こんな、何も出来ない私たちに惜しげもなく指導しないでください。

あまりにももったいないです!」 と。

本当に、もったいなさすぎだ!と思い続けてのレッスンだった。

だから逆に、その先生に報いりたくて死にもの狂いで頑張れたのだと思う。



千葉先生が、長いクラシックバレエの人生の中で得てきた、

ハイレベルな技術、プリマとしての舞台経験、それらから得た特別な「何か」。

そういう、正に血と汗の、長年による結晶を、

私たちのクラスでは、惜しげもなく1分で教えてくださる、そんな指導だった。




しかし、実に厳しいレッスンだった。(感情で怒ることではないですヨ)

ほんの少しのごまかしやミスは、厳しい指摘を次々とされる。

あの頃は、千葉先生もプリマの地位を引退して間もない若いダンサーだったし、

私たちも、命がけでレッスンに喰らいついていくような心でクラスを受けていたので、

緊張した糸が、クラスが始まる前30分からピーンと張って、

真剣勝負の試合のような雰囲気だった。



バーレッスン(基礎レッスン)での、ちょっとの、いい加減さやごまかしは、

バーを離れての、フロアーでの応用に全て出る。

ということは、小さなごまかしをスルーすると、

すぐに自分にマイナスになって戻ってくるという事も、この時代に徹底的に学んだ。




その時代、自分が出来ない分、最高峰のバレリーナたちの踊りを見るのが大好きだった。

もちろんフラメンコはフラメンコで必死にやっていたけれど、

頭の半分はクラシックバレエの踊りの技術、はもちろんだけど、それよりも

世界のトップのバレエダンサーたちの、輝き、個性、オーラ、感性を

見て感じるのが何よりも好きで、

レッスンと仕事で夜中に帰宅して、それから明け方まで、

数々のダンサー達の踊りを、ビデオで繰り返し、繰り返し、繰り返し、何百回となく

飽きることなく見続けた時代だった。

あの時代があったからこそ、「舞台」を常に意識する自分がいるのだと思う。

あの時代があったからこそ、「舞台芸術」を意識する自分がいるのだと思う。



もちろん、スペインに留学してからも、帰国してからも、今も、

ずっとずっと交流はあるし、私の全ての舞台にご招待をして、

千葉先生に私の踊りと舞台を観ていただいている。


ある日、先生はこう言われた。

「アツコ(私)をレッスンしていた時代と、もう今は全く違うのよ。

あの時代にしていたレッスンを今の生徒達に同じようにすると、

『怒られるのでやめます』 と言って、簡単にやめちゃうの。

本気の熱意がある人が減り、指導を受ける意味と意義をわからない人が増えたの。

だから、もう昔の私をやめて、生徒がちゃんとやらなくても、

イイね、すごいね、と言って、生徒が満足するように、

アツコたちのような熱意で受ける生徒でなければ、そうしてるの。 

今の時代の生徒に合う自分に変えたの」、と、

すごく寂しそうな表情で話してくださった。



この先生の意見は、私も心から同感する。

指導者が、その人の間違っているところを直してほしいがために、

そして、生徒が間違った事をした瞬間に伝えないと、

後になって言われても、生徒は理解できないので、

思わず、その瞬間に強く言ってしまう事が多々ある。

しかし、決して怒っているわけでは決してなく、

その瞬間だからこそ、理解してもらいたくて、そして伝えたくて

こちらとしては必死に言うのだけど、

それを、「怒られた! 厳しい!」、と取る人も多くいる。



もちろん、それを、私が千葉先生の想いを理解して、

ありがたく注意を受け止めていたのと同様に、私の想いを理解して

ついてきてくれる生徒は、もちろん今いる生徒達だけど、

そうでなく、「怒られた 厳し過ぎる」と思って、去っていく生徒達には、

自分の指導方法が悪いのかと、頭を抱える事がよくある。



でも、そんな時は、いつも千葉先生に習っていた時代のレッスンを思い出す。

こちらの熱意も相当なものだったけど、

千葉先生が、いつも全力で、いつも強い愛情を持って、

私たちを育ててくださった、あの指導方法は、絶対に間違っていないと。

どれだけ多くの事を学べたことか。

どれだけ自分の成長につながったことか。



千葉先生とのレッスンの経験は、今の私にとって宝物だ。

一生、千葉先生を恩師と仰ぎ、感謝の気持ちは絶えない。



恩師に出会えるというのは、実に幸運な事だと痛感する。



                             1月31日
[PR]

by amicielo33 | 2014-01-28 19:12  

  性格判断じゃないけど・・・

ライブと、地獄の引っ越しの死ぬかと思うほどの過労により

帯状疱疹というものが、背中とお腹に出来てしまった。

ラッキーにもちょっとの量しか出てないけれど、

左の背中とお腹に真っ赤な虫刺されのような状態の腫れが、突然現われ

そこに2~3日後、小っちゃい水ぶくれがプツプツと育ってくる。

んも~~、いやんなっちゃう。



で、それはさておき、さっき本日ラストのクラスを身をよじって耐え(笑)、

ウムムムム、、、と考え込み、このブログを書こうを思ったのだ。



毎回クラスの時に生徒達を見ていて、

「習い事って、ホントに人間性が出るなぁ」と、つくづく考えさせられる。

私は昔から、フラメンコだけでも1000人近く指導してきたと思う。

なので、かなりの生徒達に接っする機会があり、

実に様々な人間勉強をさせてもらってきた。



生徒たちのクラスでの様子を見ていると、

フラメンコ歴は全く関係なしに、クラスでの生徒の学び方、理解の仕方などを通して、

誠実な人、謙虚な人、素直な人、几帳面な人、自己満足の人、プライドの高い人、

アバウトな人、思い切りのいい人、などなど、

面白いほど人間性が見えてくる。

それぞれの性格があるからこそ、そこが人間味あふれて楽しい。

見た目と踊りが一致するのは、「~らしい」と言えるけど、

特に、普段の様子と、踊りが正反対な場合は、非常に面白い。


➀ すごくマジメで、几帳面な人に見えるけど、ある部分になると超アバウトな人

② すごく素直な性格のようなんだけど、絶対に注意を聞かない超ガンコな人

③ 普段、ボケ要素が多いんだけど(笑)、しっかりと考えてて驚くほどキチンとやる人


➀と③は笑っちゃうんだけど、

②のタイプは問題児、ダゾ。

この②タイプで、習っている年数が長く、うまくこなして踊っちゃっている人は、

間違った箇所がいくつもがあっても、それを本番でさえも、直さない場合が多い。

こういう人は、気にしているとは言いつつも、細部に関してはアバウトで、

振りだけをカッコよく踊る事だけに慣れてしまっていて、

出来てません、と言いつつも、無意識に「これでイイ」と強く思い込んでいるので、

そこで先生が必死に注意したり、アドバイスしても、

まず、絶対と言ってもいいほど、その人は注意を聞かず、直さない。


もちろん、「ハイ、わかりました」という、素直なイイ返事はするけれど、

なんせ、アバウトにしている部分を気にしない、

そして、言われていることを認めない、超頑固なタイプなので、

言われた注意は、100%聞き飛ばす。

なぜ何百回と注意されている事を直さないんだろう、と

こちらとしては、心の底から不思議になるけど、

まぁこれも、その人の性格なんだろうと思って、納得するしかない。



練習生で、うまく踊れるようになりたい、成長していきたいと思うなら、

そりゃ、アナタ、「素直で謙虚」、な性格は最高の武器です。


「不器用だから、少しずつコツコツやっていきます」と言って、

クラスはたとえ週1回でも、休まずに必ず出席し、

本当に、コツコツ、コツコツ、コツコツ、コツコツ、

一つずつ、一つずつ、言われた注意をしっかりと聞き留め、

それが身体に染み込むまで、頭で考え、そして練習して、

という、長いスタンスで作業をずっと続けられる生徒は、

ウサギとカメのレースのお話の通り、

最初はどんなにのろのろの出発でも、時間と共に、確実に成長する。



それがたとえ、「上手に踊れる」のと違うタイプで、

踊ってみると、決して上手くなく、不器用な感じに見えたとしても、

プロの目から見ると、

「この生徒は、ちゃんと基礎を積んできてるし、ちゃんと勉強している!」

と、一目でわかる。

こういうタイプの人は、時間をかけて積み重ねてきた分、太い幹を築き上げているので、

あとは枝葉を肥やしていけばいいだけなのだ。

これは本当に素晴らしい事だし、

指導側からすると、涙チョチョ切れに嬉しい事だ。



ここで、「私はそのタイプじゃないけど、だからどーなのさ」、って言われたら、

「いえいえ、何でもゴザイマセン、、、」と返事するしかないけれど、

世の中、本当に色んな性格があって、

この性格だから、こういう結果になるんだなぁ~と

すっごく面白く研究させてもらっているので、思わず2例を書いてしまった!

他にも、たっっっくさん、様々なタイプがあるんだけど、

書き出すとすごい量になるので、今日はこの辺で。



と突然、久々ブログに登場の、超軽いMちゃんがスタジオの扉を開けて突入!

今日は、去年の新人公演の授賞式ということで、

授賞式に参加したMちゃんは、受賞でいただいた賞状やお花、

そして今年は、くじ引きで、3等のハワイアンズに当たったとの事で、

それら一式を持って、報告に来てくれました。



てなことで、

昨年の新人公演で受賞した賞状でございまする!
e0262970_21501871.jpg



受賞した生徒達は、全員がもちろん素直で謙虚。

そして、コツコツコツコツと積み重ねる努力家の塊りの子達ばかりです!

エライ!!!


                                1月26日








 
[PR]

by amicielo33 | 2014-01-26 22:16  

  死ぬほど大変だった引っ越し

10日・11日・13日と、恒例となったエスペランサの新春ライブを無事終え、

16日に引っ越しをした。


と、言葉で書けば、「あ、そーですか」 で終わっちゃうけど、

ホントにホントに死ぬほど大変だったんですよーーー!!!

もちろん、16日の引っ越しに目がけて、

ガス・電気・水道の手続きOK!

てな具合に、順々に退去手続きを進めてはいたけれど、

そして、少しずつ片付けと箱詰めを始めてはいたけれど、

お正月もなく、ライブで踊る新しい曲に頭をかかえ、


「引っ越しの荷造りする時間があるんだったら、

新しい曲の振付を早く完成させねば!」、と思うもんだから、

結局、振付けが完全に終了した、ライブ4日前から

荷造りをやりだした。



あ、そうそう、肝心なライブ本番では、

「新曲は、振りを忘れんよう、そんでもって間違わんよーに」

という、プロとして恥ずかしくなる位、低レベルな目標をかかげ、

冷や汗かきかき、踊り、

2曲目は、

「さぁ~~~新曲を終えてもう自由になったから、思いっっきり踊ったる!」

という、超単純な考えでライブを踊った。



3日間とも、踊りは違うメンバーで楽しい思いをさせていただき、

バックの仲間達にも、しっかりと踊りを支えてもらい、

大変だったけど、無事に恒例新春ライブは終わった。

観に来てくださった大勢の皆さま、本当にどうもありがとうございました。


だから、引っ越しの直前に、まるで引っ越し準備が出来ないライブの3日間が

丸々あったもんで、本腰入れての片付けと箱詰めは、2日間しかなかった。


いやいや、10年間住んでいた場所の片づけを短時間でやる、このハードな作業の辛さ。

果てしなく続く、必要なものと、ゴミとして捨てちゃえ、との分別の作業。

さらに、可燃、不燃、粗大、プラスティックに分けながら、

いったい何十袋をゴミとして出したんだろう。。。


今回、痛感したこと。

① どんだけ不必要なものを溜めこんで生活しているか

② 引っ越し作業は、ひたすら下を向いてやるので、顔がむくんで

   恐ろしくドブスになるということ


いやいや、ホント、顔や手がパンパンになって、

ふっと、自分の顔を鏡で見たら、

「ウギャーーー!」、と叫ぶほど、ドブス顔になっている。


さらに、ライブ終了直後から、引っ越し屋さんが来るまでの2日間に、

横になって寝る事が出来た時間は、涙チョチョ切れのわずか、3時間!


「疲れたよ~~~~~ 死ぬよ~~~~ 引っ越し屋が来ちゃうよ~~~

果てしなく、まだ片づけが残ってるよ~~~~~

リサイタルのリハと本番で、フルタイム踊った時よりキツイよ~~~~」


と、フラッフラになって、「アタシ、もう死ぬ」、と思った時に、

サカイ引越センターの若いおにーちゃん3人組が到着した。



細くて若~~い、サカイのおにーちゃんたちは、

実に手際よく、恐ろしいほどのスピードで、ガンガン荷物を運び出す。


あまりの彼らの見事な仕事っぷりに、私は感激しまくり、

でも、ドブスだったので、感激の表現がオッサン化し、

「おおお~!スゲーッ!」 「キミたち!力あんなーー!」 

などと叫び続けているオヤジの私に、おにーちゃんたちはアハハと軽く笑い飛ばし、

あっという間にトラックに全てを運び込んでしまった。



ここまでたどり着くのに、どんだけ死ぬほど大変で、

不眠不休でやり続け、そしてサカイのおにーちゃんたちも

手っ取り早いとはいえ、大変な作業をしてくれたのに、、、、


なんせ引っ越し先は、300m先の場所なので、

今、、、たった今、、、、

そう、、、、たった今、終えた、

あの、、、壮絶な、死と直面までした引っ越し作業だったのに、(オーバーだよな)


たあ~~ったの5~6分で、トラックは新居に着いちゃって、

もう、荷物をトラックから降ろして、家に運び始めてる。 

なんだか、もったいねーぜよ。



それに、新居にはエレベータがなく、しかも3階なのに、

若くて痩せてるおにーちゃんたちは、

細い階段と死ぬほど重い家具たちをものともせず、

実に見事に、そして早く、次々と運び込んでいく。


「どうやっても運べそうにもない、重~~い家具の時なんか、どうするの?」

と、聞くと

「そういう時は、気合っす」

と、カワイイ笑顔で、作業を手を休めずに答えてくれた。

彼らは、入社して相当の引っ越し作業の訓練をしているんだろうと、しみじみと思った。

仕事と動きに無駄がないんだよね。判断も早いし。すごいね。


こうして荷降ろしも、家具の配置もあっという間に終わり、

素晴らしい仕事をしてくれたサカイのおにーちゃん達に、お礼の札束を握らせ、(ウソ)

私は、未開封の段ボール箱に囲まれて、寝る場所だけは確保して、

新生活が昨日から始まった。



さすがに、昨日は、ライブまでに至る疲れと、

3日間のライブ本番の疲れと引っ越しの疲れが、ど~~~~~っと押し寄せ、

体力のある私としては、珍しく、倒れる寸前まで疲労の限界になってしまった。



話しが長くなっちゃうけど、

私が10年前にスペインから帰国した時は今回よりアホみたいにハードだったよなぁ。

あの時も舞台と重なった。

日本でのリサイタルを終えて、セビージャにぶっ飛びで戻り、

4日間で15年分の生活の片付けをして、

日通の国際引っ越しの人たちが荷物を運んでいったっけ。


あの時も、4日間で合計8時間くらいしか寝られず、

おまけに、住んでいた家はガスではなくオール電化で、

なんせ、セビージャのことなんで、引っ越しの日ではなく、

電気が理不尽にも2日前に切られてしまったので、

夕方から家の中が真っ暗になる中、ロウソクを何本も立てて作業をし、

おまけに2月だったから、めちゃめちゃ寒い中、

暖を取ることも出来ず、

半べそかきながら、引っ越し準備をしたっけ。。。



今回も、なぜライブの直後に、という話だけど、

2月の更新になる前に、なんとしても出なくてはいけなくて、

日数の計算をすると、この16日しか都合の良い日がなかったのだ。



てな感じで、引っ越しごときに長々と書いてしまったけど、

いやはや、ホントに大変でした。

もう一度、今回の引っ越しで学んだことを復習。


その1) 舞台の直後の引っ越しは、異常なほど辛い

その2) 10年分の引っ越しは、荷物が多すぎて辛い

その2) 不必要なものは、日頃ためないで思い切って捨てる

その3) 不眠で下を向き続けると、えっらいどブスになる



あ~~~疲れた!

ここ1週間は、もうなぁぁぁぁ~~~~んにも しーーーないっと!!!



でも、今初めて、私にとって新年を迎えた気がするので、

遅いけど、初詣のお参りに行ってきまぁす。


長々と書いた、くっだらない引っ越し話に最後までお付き合いくださいまして、

誠にありがとーございました040.gif



                                 1月18日
[PR]

by amicielo33 | 2014-01-18 22:40  

   今年一年も

早いもので、もう2014年になってしまいました。

「良いお年を~」なんて、4日前のクラスの後にたくさん生徒達と挨拶したのに、

あっという間に、お正月。それももう二日目になっちゃった。


改めまして、


       新年あけましておめでとうございます

       本年もど~ぞよろしくお願いいたします


てなわけで、

お正月のめでたい時なんだろうけど、

毎年毎年、年末はなぜか事務仕事が山のようにあり、

そしてスタジオの大掃除や、

おまけに新春ライブの準備や、

おまけにおまけに、今年はライブが終わった3日後に

引っ越しという大イベントを迎え、

その準備で、家じゅうの片づけなどをしているうちに

え?!と言ってる間に、大晦日になり、

うぎゃ!っと言ってる間に元旦になり、

だじげで~!っと叫んでいるうちに、お正月が過ぎて、1月も終わっちゃう。



恒例、エスペランサの新春ライブは、日頃からホントにホントにお世話になっている

田代淳さんとのご縁で、2003年からの11年間、

必ずお正月は新春ライブに出演するお約束を淳さんとしている。


それに、私にとって新春ライブは、面白い勉強の場であり、

創作フラメンコではない、純粋なフラメンコ曲を作れるチャンスであり、

この新春ライブの場を借りて、その新曲を試しに踊れる、

『お試しと練習と本番を兼ねた場所』、となる。


なので、この新春ライブで新曲を踊ってみて、その手ごたえ次第で

別のイメージが湧いたり、修正したい部分がたくさん見えてきたりするので、

さらに練って膨らませていける、絶好の場なのだ。


だから毎年、この時期になると、新曲の準備のため

「振付が新春ライブまでに間に合わないよ~!」という決まり文句を、

必ず言い続けながら、かなり血眼になって、お正月関係なしに練習している。


当然、今年も同じ。

来週の10日から3日間踊らなきゃいけないのに、

未だに振付が終わってない。


こんな状態なのに、来週には人前で踊っているなんて信じられん!

現実を考えるとゾッとするので、考えないようにしよう。


しかし、年齢と共にだんだんと根性が座ってきて

「世の中、どーにかなる!」 と、何でも思えるようになってしまった。

だから、どーにか振り付けも出来て、どーにか本番やるんだと思う。


こんなにクソ忙しくても、引っ越しの準備もどーにかやっちゃって、

どーにかライブも終わって、

とにかく、どーにか次に進んでいくんだと思う。


さぁ、今年も忙しくなるぞぉぉぉ。

楽しいオペラの仕事もあるし、

現代舞踊協会とフラメンコ協会の合同企画もあって、

それに出演する作品も練り直して踊らなくちゃいけないし、

生徒の発表会も、

私のリサイタルも、

他にもなんだかコマゴマと舞台があるし、

とにかく、嵐のように1年が過ぎていくだろう。



これから先の事を心配してても仕方ない!

今まで、人生を一生懸命に生きてきた蓄積さえあれば、

次々と向かってくる高い壁ですらも、

どーにか乗り越えていけるのです!


本年もどうぞよろしくお願いいたします!


                              1月2日



あ、最後に一言。

10日(金)、11日(土)のライブは満席となりました!ありがとうございます!

13日(月・祝)のみ、まだ少しお席がありますので、

予約をまだの方は、どうぞ13日にお越しくださいね!

よろしくお願いいたします。

お待ちしてます!
[PR]

by amicielo33 | 2014-01-02 21:40