うん!いい感じになりそう!

10月2日(日)と23日(日)に面白い企画のライブをやる。

「Chispa y la nada  ~無と閃光~」

イメージとして、暗闇のような無の状態の中に、

スッと細い光りの線が走り、

再び 無があり、そして突然、まぶしいほどの閃光が放たれる、そんな感じ。



ということで、今回はなんとなんと、御大の空手武術家に出演していただくのだ。

日本=空手 というイメージが外国人には強くあるようで、

日本と聞くと直ぐに外人は、ブルースリーの「アチャ~」ポーズを取っていた。

それを見て、アハハと笑いながらも、心の中で、アホか、と思ってしまうのだけど、

昔は日本人でも、フラメンコと聞くと、オッサンたちは直ぐに、

「ああ、あれね!汗まみれで口にバラを加えてさぁ」 と言って、

両手を耳横でパンパンとたたくのが当たり前だった。

それを見ると、そのオッサンの真上から爆弾を落としたくなるが、

ま、イメージというものは、目と耳に一番焼き付いた部分がデフォルメされて

人々の脳裏に残るものだから仕方ない。

しかし! 

デフォルメ部分だけで、空手もフラメンコも想像してはいけないのです。



カンテとの関わりやギターやパルマとのやりとりの中で、

緊張の中に、完全な力の解放と脱力、とがあり、それが起承転結と繋がりながら、

テンションMAXの爆発力を迎える流れを作れるのが

レベルの高いフラメンコ舞踊家の共通点だ。

この「力の解放と脱力」がなく、

最初から最後まで 力100%で踊ると、人間100以上は出せないので

結局は最初から最後まで同じに見えてしまうし、

何よりも、踊る側が疲れ果てるし、

観ている側も、始まって3分で疲れ、そして飽きる。

良い踊り手は、緩急を自在に操るので、観ている人も自然と力が抜け、

その状態だからこそ、踊り手と同じ呼吸でフラメンコを共有し、共感できる。



恥ずかしながら、私は日本人でありながら、空手という日本の伝統文化を全く知らず、

なので、偉そうな事は一切言えなく、ど素人意見になってしまうけど、

空手の実力のある方達の動きを拝見した時に、

正に「力の解放と脱力 そして爆発」の凄さに驚いた、というか感動したのだ。

フワァ~と腕を動かし、次の瞬間はまさに閃光のごとく、

信じられない破壊力を出すのだ。

素人がイメージする、典型的な、派手で大きな動きの連続で、

力全開で次々と足や腕で板などをバンバン割りまくる、なんかではない。

正に、"無と閃光” だったのだ。



ひぇ~!!!まさに、動きの根本はフラメンコと同じじゃん。

と、ものすごく軽い意見になっちゃうけど、

フラメンコも空手も、全く異種の文化ではあるけれど、

動きの根本に関しては、両者全く同じであるという事に感銘を受けたのだ。

だからこうして、今回はこの企画に踏み切ったのだ。



でも、実際に準備に取りかかると、

こんな事をして、貴重な国の文化を安っぽくしてしまうのではないか、とか、

せっかく出演していただく御大の存在を軽くしてしまうのではないだろうか、とか

単純に、バカっぽいステージになるんじゃないかとか、

じゃぁどうやって、動きの根本の共通点を表現し、

無言の中で、お客さんにこのメッセージを感じてもらえるか、などなど

毎日毎日頭を抱えまくっていた。

でも、時間は残酷にバンバンと過ぎ、

本日、バックのアーティスト達とのリハーサルになってしまった。



彼らが、この内容を見る、初のお客さんでもあるので、

いったいスペイン人と日本人の彼らに、この企画がどう見えて、

どう感じるんだろう、とドキドキものだったけど、ギターの片桐さんも、そして

去年の舞台でも多大な協力をしてくれたディエゴ・ゴメスも非常に興味を示してくれ

空手の動きを見て感心しながら、次々と良い歌を選んでくれ、

本来なら、「空手とカンテ」なんて考えただけで笑っちゃうのだけど、

意味のある素晴らしいカンテをバックに、空手の師匠が静かに、

でも時には激しく空手の型で空気を切っていくと

カンテと空手に一切違和感がなく、全く自然に見えてくるのだ。



私も逆に、無音楽で、振付けでないフラメンコの動きを披露すると、

それを初見で見たディエゴも、ギターの片桐さんも、空手の師匠も、

「両者の動きの根本って、ホントに同じだなんだねぇ」 と言ってくださった。

スタートから最後まで 11の展開が行われるのだけど、

フラメンコはもちろん、空手の様々な箇所にもカンテやギターが加わり、

全体を通すと、嬉しいことに、なかなか面白い流れになっている。



「うん!いい感じになりそう!」



毎日毎日悩みまくっていた、その真っ暗な中に、

閃光のように、この手応えが私に届いたのだ。

この企画が、変わったヘンテコリンなだけの企画でなく、

観てくださる方々に、私の伝えたい事を理解していただけるものに

「なんとか、いけるであろう」

という答えを本日もらえて、なんだか心の底からホッと出来たので

思わずブログに書いてしまった。

でも! あくまでもこれは現段階の状態なので、

本番はどうなるのかは、わからない。。。

恐ろしや。ああ恐ろしや。

1回目の本番まであと5日。

頑張りま~す!

                      9月26日
























[PR]

# by amicielo33 | 2016-09-26 20:19 | Trackback  

   あ~~ど~~しよ~~!

もう3週間も経っちゃったけど、

8月28日のエル・フラメンコでのラストライブが終わった。

今までの長い踊りの人生の中で、疲労では5本の指に入るくらい、死ぬほど疲れた。

ホントに、死ぬほど疲れた。⇒ 理由は3つあるのだ ⇒ でも言わないのだ(-_-)

普段、自分が中心のステージでは4曲フルに踊っても

次の日も同じスタミナで平気で4曲踊れるのに、

今回は、勝負曲2曲と短い創作の踊り1曲で、それも1日で精根使い果たした。

でも、、、生徒達もメチャメチャ気合い入れて頑張って踊ったし、

お客さんもとっても喜んでくださって、

何よりも、エル・フラメンコに心からの感謝の気持ちを込めて踊れたので

私とエル・フラメンコの繋がりは、これで最高の思い出と心の財産として残せる。



そして、ステージの疲れで死んだ翌日から、10月2日と23日のステージの準備で

毎日毎日パニクリまくっている。

今回のライブは、なんとなんと、空手武術家の師匠をお呼びして、

コラボじゃないけど、同じステージで演じ合う。



空手の優れた有段者の方は、完全なる脱力、力の解放で、

フワ~~~ッと、腕と指先を空気の中で泳がせ、

次の瞬間、閃光のように、人間から出せる力ではないような破壊力を出す。

スゲ~~~! 

もちろん、これは長い年月、鍛え続けてきた大変な訓練があってこそ

このような人間業では出来ない異次元の力を出せるのだ。



でも、これを見て、、、心の底から思った。

フラメンコの踊りも、”舞踊の根源” としては空手とも同じなんだな、と。

身体の強い軸さえあれば、

腕も肩も背中も両足も、力が完全に抜けて解放されて、

だからこそ、一瞬の爆発力が出るのだ、と。

力の抜けた腕や体が、しなりとうねりなどの動きの流れとなり、

その流れが、ステージの空間と空気も大きく動かし、

そしてその流れの締めが、強い瞬発力で、閃光のように光る、、、

これが、フラメンコ舞踊の動きとして完璧なのだ。



なので、空手の師匠との動きの共通点を、私なんぞの動きで表現できるか、、、、

それで毎日、スタジオでひたすら、あーでもない、こーでもないと、

ズルズルズルズル、ずるずるずるずると、練習をしているのだ。

難しい! あ~~~~難しい! 

練習生のように、習った振り付けを、ひたすら一生懸命に

練習する事がなんと羨ましいか!!!

一から百まで自分で考えなきゃいけない身になると、

ホントに心の底から、自分の才能のなさとバカさに嫌気がさしてくる。

だから今も、ず~~~とアレコレ考えて練習しているうちに、

自分に対して激しく落ち込み、そしてウップンがたまり、

突然PCを開いて、このブログを書き始めた。

でも文頭から、おいらはアホバカまぬけ! とは書けないので、

急に力をなくし、おとなしくなって、

マジメに文章の構成立てをして書いている自分がいるので

ちょっと可笑しくなってきた。


もういいや。

自分の持っている能力って、ここまでなんだヨ。

これ以上の背伸びはムリなんだと、わかっちゃいるのに背伸びする自分に強く反省。

だから、自分の出来る事を全力で頑張ろう。

しかし! 今、頑張ってちょっと背伸びしないと、一歩先への進歩ないじゃん。

ああ、でも、もうライブまで時間がない!

あれも、これも、まだ出来てない!

ひえええええええええ~~~~!!!

もうどうにでもなれーーー! ヤケクソ!

                   
                   9月17日 
         

せっかくなので、エル・フラメンコの写真を載せます。
                
この入り口の看板は、セビージャに送られて展示されるそうな
e0262970_23310682.jpg
e0262970_23412851.jpg
e0262970_23470461.jpg
竹内店長にお礼の花束を渡しました
e0262970_23481071.jpg
竹内店長と岡田昌已先生
e0262970_23483638.jpg


 













[PR]

# by amicielo33 | 2016-09-17 23:55 | Trackback  

    ‶ 受け継ぐ” ということ

確か30年以上前の、1980年代半ばに観た舞台だったと思うけれど、

アルヴィンエイリー・アメリカン・ダンスシアターの設立者である、

アルヴィンエイリーという黒人の振付家が、舞踊団を設立して来日公演をした。

ダンサー全員が黒人。

そして彼の代表作の、「リベレーションズ」という作品集で、

全て黒人霊歌の曲で踊られた。

今の時代から見ると、技術的には古いテクニックが多々あるのだけど、

そんなことよりも、黒人霊歌の魂の叫びが、

彼らの肉体を通じて客席に身を刺すように伝わり、

彼らの血からほとばしるように出るエネルギーに、

息をすることも出来ないくらいに圧倒された。

公演が終わって、生まれて初めて受けた黒人霊歌を通して感じた衝撃と、

彼らの美しい肉体と、肉体と対照的な、

まぶしいほどの純白の衣装の意味と神聖さに感動して

しばらく身動きが出来ずに、客席を立つことが出来なかった。



その後、不幸な事にアルビンエイリーは亡くなり、

数年経って、再び同じ作品を掲げて、アルビンエイリー舞踊団が来日した。

私はあの舞台の感動が忘れられず、もちろん観たくて、

心から楽しみに舞台の日を待ち望んだ。

そして、「リベレーションズ」の同じ作品を見た。

しかし、全く振付けも曲も全て同じものを演じても、

ここまで違うものなのかと、唖然としてしまったのだ。



「、、、魂が、な・い・ん・だ、、、」と感じたのだ。

こんなにダンサーたちは全力で踊っているのに。。。

作品を見ながら、アルビンエイリーになんか会った事もないのに、

彼が全身全霊で、彼の舞踊団の人たちに、一つ一つ振付けながら、

彼の考える、一つずつの振りへの想いと、意味と、心と魂を、

彼が踊りながら、時には言葉で説明して、

舞踊団全員に「生の声で」伝えているの場面が、目の前でありありと見えてくる。

実際は、劇場で舞台に目を向けているのに、舞台上で今踊られている踊りも

ダンサーも目に入らず、妄想の、目の前のアルビンエイリーが

振付けて、彼の魂を直接に伝えている姿だけが見えて仕方なかった。

説明はしないけれど、20世紀バレエ団のベジャールの時も、

彼の死後、作品が存続しても空になったように感じてしまう。

だから、形を受け継いでも、それに魂があるかないかが、

不思議な事に、見ている者に伝わるんだという強い衝撃を受けて以来、

”受け継ぐこと” についてもの凄く考えるようになった。



こんな事を書いても、読んでいてピンとこないと思うので、

ザックリ超身近で簡単な例で説明すると、

フラメンコの踊りでも、何のジャンルの踊りでもいいけど、

振付けの時に、先生が、感じるままに想いを込めて振付けをしている時に、

そのクラスにいて先生の心を直接に感じながら振り付けを取るのと、

クラスを欠席していて、後から友達にその振付を教えてもらうのとでは、

同じ振付けなのに、踊る側としては、なんか違うんだなぁ~と感じるのと同じだと思う。



特に芸術がらみでは、創造者の心と魂を込めた作品を受け継ぐには、

創造者を慕い、尊敬する者がいつも横にいて、

その創造者の想いを全て込めた ”生の心と声” を直接、聞き、感じる事で

受け継ぐという言葉にふさわしいものになるんだと思う。

芸術じゃないけど、オリンピックの聖火だって、ギリシャの聖火を起こすスタートの時から、

その生の火の重要性と心を世界中の人が引き継ぎながら、

遠い海を渡って、聖火台に点火されるからこそ

大きな意味があり、世界中の人々が感動するのだと思う。

あれが、ギリシャで火を起こすことも、聖火ランナーもなく、

最終の聖火台で東京ガス会社が点火したら、、、

もう東京オリンピックは、カリカリに乾いた精神の祭典になっちまう。



長々と前置きを書いたけど、やっと本題に入る。

日本のフラメンコの歴史の一部をずっと支えてきた、エル・フラメンコが

もう何日か後には、永遠に閉店してしまう。

でも、このエル・フラメンコが無くなってしまわないように、

実に多くの方々が存続のために動き、署名を集め、大変な苦労と努力をなさったと聞く。

私も、エルフラが閉店することを聞いた時に、

何としても、このエルフラを引き継ぐ人や会社が出てきていただけたら、と願っていた。

そして有力候補の方々のお名前を聞き、署名の数も耳にし、

これなら存続は大丈夫かなと思った時に、

エル・フラメンコ側が、この「エル・フラメンコ」の名前だけは

絶対に譲らないという噂話を耳にした。



その時に、あのアルヴィンエイリーを思い出したのだ。

エル・フラメンコが築いてきた、50年というすごく長くて、

そして経営的に厳しかった時も、闘いながら乗り越え続けて

日本でのフラメンコの歴史の大きな一部を支え続けてきた、

その誇りとその歴史は、きっとエル・フラメンコに直接、

ずっとずっと携わっていらした方々の、経営魂でもあり、

フラメンコに対しての芸術魂でもあり、

それを考えたら、「エル・フラメンコ」の名前は譲らないという

お気持ちが、理解できるような気がしたのだ。

(これは、実に勝手な私だけのウルトラ偏った考えなので、

それは違う!と、言いたくなった方は読み飛ばしてください)


エル・フラメンコを受け継ぐのなら、エルフラを支え続けた方々と、

”エルフラ魂” を燃やし続け、”エルフラ経営魂” を共に分かち合い、共に過ごし、

そして今までのエルフラと全く同じ魂と器を受け継がなくては、

エルフラを愛し続けてきたお客さんは、きっと直ぐにそれを感じて、

「なんか違うんだよな」という言葉と共に少しずつ遠ざかってしまうと思うのだ。

だからこそ、秋からオープンが決まった、このエルフラの跡地に入る

新しいフラメンコのお店が、エルフラと全く違うもので、

内装も変えてスタートする事となった事を耳にして、正直ホッとしたのだ。

「エル・フラメンコでなく、新しいお店の誕生で良かった」 と。

新しいフラメンコのお店が、エスペランサや、アルハンブラや、

サラ・アンダルーサでもない新風をふかせて、日本でのフラメンコの歴史に

また貢献してくださるのを、心から楽しみにさせていただこうと思う。



これで、本当に、「エル・フラメンコ」 が終わる。

明後日のエルフラでのラストライブでは、

エルフラを一生忘れないように

ステージからの 景色も 音も

客席からの 景色も 空気も

全てしっかりと 目と耳に焼き付けようと思う。

               
      
                 8月26日





















[PR]

# by amicielo33 | 2016-08-26 19:59 | Trackback  

     疲れたけど面白かった舞台「カルメン」

8月4日から7日まで公演された、舞台「カルメン ドン・ホセの告白」。

やっと、やっと終わったぁぁぁ!!!

本当に大変だった! 本当に疲れた! でもたまらなく楽しかったぁぁぁ!



振付家の上田遥さんが、今回は演出も行い、

主役は、『ダイアモンド☆ドッグス』 というカッコいい7人組の男性たち、

そしてバイオニストの川井郁子さん。

それに、中国からの特別ゲストの 宗唅(しゅう・はん)さんや

さらにクラシックバレエ界からや、私はフラメンコ界から、などなど、

毎回上田遥さんは、様々なダンスと音楽のコーポレーションで舞台を創り、

お客さんを楽しませてくれるのだけど、

今回は、生演奏のバイオリンをしながら川井郁子さんはカルメン役をこなし、

ダイアモンド☆ドッグスのリーダーである東山義久さんがホセ役。

カルメンの夫役に、ダイアモンド☆ドッグスの、森慎吾さんが、

強烈な個性をブッ飛ばしたキャラクターでお客さんを魅了し、

カルメンのストーリーを、今回は新しい発想で演出され、

演奏あり、踊りあり、演技あり、歌あり、で、実に盛りだくさんに舞台が繰り広げられた。




この舞台稽古は、7月11日から始まり、3週間でゼロの状態から全てを創りあげ、

本番は、8月4日(木)~7日(日)までの計6公演で、

草月ホールは全て超満員。

劇場は、ダイアモンド☆ドッグスの熱いファンの方々でも溢れかえり、

でも、単にキャーキャー言うミーハーのファンではなく、

落ち着いたファン層だったので、応援の心が強く温かく舞台に伝わり、とてもいい感じだった。




それにしても、お稽古開始日から本番が終わるまでの約1ヶ月弱の間、

いやはや、本当に、本当に、本当に大変だった。

もちろん休みなどなしで、毎日最低4~5時間はお稽古場に缶詰。

私はさらに自分のクラスがあるので、毎日ダッシュで帰り、

夜遅くまでクラスをやって、寝て、すぐにカルメンのお稽古、という繰り返し。

そして毎日、毎回、毎時間、次々と踊りや演出面で、注文がノンストップで出されるし、

フラメンコとは関係ない動きや踊り、演技、歌をマスターしなくてはいけないし、

かなりの場面展開毎に様々な手順があるので、それに追われまくられ、

頭も体も極限にパンパンになってしまった。




ところで、、、

実を申し上げると、ダイアモンド☆ドッグスというグループを、失礼ながら私は存じ上げず、

若い男性たちで、お化粧もバッチリしているチラシの写真を見て、

お稽古で顔を合わせるまでは、チャラい男性グループかと思っていたのだ。(ゴメンね~!)

ところがドッコイ!と~~~~んでもございません!!!


彼らの頭の回転の良さと早やさ、どんな複雑な踊りの振付も、1発で覚えるし

振りを覚えるだけでなく、その瞬間に、演出家のやりたい事を全て把握して、

次々とムダなく動き、全て臨機応変に対応し、

踊り以外、演技も、間の取り方も、自ら的確に入れていくのには、

もう完全に脱帽もの。

フラメンコのパルマも、バストンを使ってのリズムだって、

なんと、1発でコンパスを理解して、1回理解したら、もうそれ以降、絶対に崩れない。

安定したコンパスを絶対に入れてくれるので、コントラも実に楽に入れる事が出来る。

とにかく、「1発で何事もマスターしてしまう」 のだ。



ちょっと、ちょっと~~、なんでそんなに全て出来ちゃうの? と

私が理解できずにアタフタする度に、必ず優しく説明してくれるトシくん(小寺利光くん)は、

「いや、そうしなきゃいけないし、そうするのが当たり前だから」 と。

毎日、ダイアモンド☆ドッグスの彼らの賢さに感心するばかり。

彼らが作る音楽も、歌唱力も、演技力も、ひたすら感心するばかり。

そんな彼らと一緒に踊り、演技し、何場面かはミュージカルのように歌って、

いやぁ~本当に楽しかったなぁ~。

バイオリニストの川井郁子さんも、心の全てをバイオリンの音で表現して、

本当に素晴らしいの一言!美人だし、カルメン役にバッチリ。

ホセに抱きかかえられ、のけぞって、よくあの態勢で、

あの素晴らしいバイオリンを演奏が出来るもんだ。 




全員が、本当にハイレベルのアーティスト達ばかりなので、

ミスというものは決して許されなく、気が抜けない。

でも、緊張の中とはいえ、男性たちのユーモアとイタズラに溢れ、笑わずにはいられない。

大変なお稽古だったけど、素晴らしいアーティスト達の演奏、踊り、演技を、

思う存分に見て、聞いて、味わって、楽しませてもらった。

そうして本番に突入し、

本番で、全員の熱い気持ちと爆発力が加わるのだから、

そりゃ当然、楽しくて面白い舞台になるに決まってる。




いつまでここに掲載できるのかわからないけれど、

朱さんを追って、中国からテレビ局がお稽古の初日から密着取材をして、

お稽古風景や本番も、中国放送を通して全国に放映された。

その様子を見てくださ~い。

https://m.v.qq.com/page/o/l/b/o0319ecl8lb.html?coverid=&from=timeline&isappinstalled=1



さぁ、これで今月末のエル・フラメンコのラストライブに集中します!

まだ疲労が頭に残っているので、まとまりのないブログでごめんなさい!


                                    
                            8月11日
[PR]

# by amicielo33 | 2016-08-11 19:37 | Trackback  

   ブレリアでノイローゼ?

生徒や、まだ経験の足りない研究生が、

タブラオなどで、最後に行われるフィン・デ・フィエスタで

ブレリアをちょこっと踊る事に対して、

「ブレリアなんて踊れません!」 とか口にするのを耳にする。



いやいや、フィン・デ・フィエスタでも踊れるブレリアは

既に、今までしこたま、レッスンでも、振付でも、散々やってきたのに~!

それを、フィン・デ・フィエスタなどでいつでも踊れるように、

一つで十分だから、忘れないようにして準備しておけばいいのに~!!!

と言いつつ、

その後、、、、、ムムムム っと思わず唸ってしまう。

実は、私もその昔、苦い思い出があるのだ。




前回のブログで、セビージャでフラメンコを勉強するきっかけになった、

セビージャで昔から開催されてきた、有名なフェスティバル、

『ビエナル・デ・アルテ・フラメンコ』。

このフェスティバルで、ディア・デ・ハポン(日本の日)という日が1日設けられ、

その出演のためのオーディションがあり、

それを受けにセビージャに行き、

そのついでに見学した、地元のスタジオのレッスンを見て衝撃を受け、

現地に根付いた本物のフラメンコを、私は何も知らない!という事で、

そこから、本格的に腰を据えて、フラメンコの勉強をする決意をしたのだ。



その、ビエナルで踊れるチャンスはつかんだものの、

最後は、フィン・デ・フィエスタで締めくくることになり、、、

さあ!そこから、私の地獄が始まったのダ。



今の時代、ブレリアとは何かとか、どんな感じかとか、

ブレリアの踊りもどんなので、どうすりゃいいかなど、

YouTubeでも、紙面の資料などでも、簡単に知ることが出来るけど、

なんせ、あの昔、一切そんなものがない時代、

フィン・デ・フィエスタで踊るブレリアがどんなものかなど、

日本から、フラメンコを何も知らずに勉強しに行った

アタシが知るわけないじゃぁないですか!!!

だから!その日から、私の地獄が始まったのダ!




本番まで1ヶ月くらいあったと思うのだけど、

とにかく、あまりにも無知な私+情報を得る手段がない時代に生きることで、

まったくどーーーやっていいのか、皆無の状態。

この状態を、今に例えてどんな感じかと説明すると、

ネット情報、YouTube、資料、テレビなど全くない状態で、

アフリカとかインドとかのお祭りで、即興の踊りを

あなたも1ヶ月後に舞台で踊りなさい、と言われた感じ。




昔のビエナルは、8~9月とかの真夏に、

1ヶ月半近くの毎夜、セビージャの町の中にある数々の劇場などで、

時間差で、カンテ、ギター、踊り、と分けて行われていた。

そして、その中でも、『Hotel Triana』 (ホテル・トゥリアーナ)という場所は特別で、

中央がとても広い中庭、というか広場になっていて、

その広場を囲むように、昔ながらの雰囲気の良いホテルの客室が並んでいて、

その広場でフラメンコが行われる。

ここでは、だいたい夜の11時頃から始まり、夜中の3時過ぎまで続く。

スペインの夏の夜は、灼熱の昼と真逆で、実に気持ち良くて過ごしやすい。

気持ちが良いのと、歴史があるので、特にここは地元の人が中心に集まる、

いわゆる ”通な場所” という感じだった。



このビエナルが、小さな集まりとかパーティーとか、

それくらいの小さい規模ならいいけど、

ビエナルっていやぁ、アンダルシアのフラメンコの一大イベント。

それに、フラメンコ好きなセビージャ人たちが集まる、ツウな場所、

そして昔は、ほぼ全てのビエナルの催し物にテレビ撮影が入っていて、

バッチリと中継される。

そんな、卒倒しそうな過酷な状況で、

100%ムチな私がブレリアを踊れってか???!!!




カンテとギターがバックでガンガン続いて、

それに対してなす術もなく、

舞台の上で、蒼白になって立ち尽くし、

それをテレビが中継し、

地元の通の人が固唾を飲んで、中にはバカにして笑っている人もいる、

という悪夢で、朝は飛び起きる。すでに冷汗でビチョビチョ。

目が覚めた後から、一日中、まさに何をするにも、

頭の中は、

ブレリア ブレリア ブレリア どうしよう どうしょう ブレリア ブレリア どうしよう 

ブレリア どうしよう ブレリア ブレリア ブレリア ブレリア どうしよう どうしよう

という言葉だけがグルグルと回り続け、


かろうじて持っていたCDのブレリアを聞いたって

まず、ブレリアのカンテがどうなっているのかもちんぷんかんぷんだし、

今までフラメンコを勉強してきた環境の中で、

一度として、ブレリアとは?なんていう話も、教えも聞いたこともないし、

そんな状態で、急にブレリアのカンテを聞いたってわかるわけない。

ましてや、そのカンテに、どう踊ればいいなんて、

そりゃ、100%お手上げ状態。



だから、CD聞いたって、余計に、恐怖のどん底に落ち続けるだけで、

あの時代、スペイン語もわからないし、

言いようのない恐怖と不安だけで、

睡眠もほとんど取れず、食事も喉に通らなくなり、激痩せして、

目だけは、「どうしよう!」という気持ちだけで、ガッと見開いたまま、まばたきの回数も減り、

ああ、このまま私はノイローゼになって、そして気が狂ってしまうんだろうな、、、と。

自分がどこにいて、何をしてるかもわからなくなる時があり、

本気で、逃げるか死ぬか、どちらかの選択をするまでになり、

とにかく、頭が完全にやられてた。 

まさに、死刑の日を迎えるような思いだった。




って、今、あの時の、自分の頭の中を再現して、

そのまま書いてみたけど、

ホント、今の私が、あの時の私を振り返ると、

一言、「バッカみたい~!!!」 なのだ。

たかが、ブレリアで!!! 

あ~~~くだらない!!!

たかが ブレリアで!!!

本当に、バカみたいだったのだ。



でも、あの時代、何も情報も知識も一切ない、あの状態では、

本当にどうしようもなかったのだ。



結局、ホテル・トゥリアーナで、本番の勝負曲の踊りを終え

そしてフィン・デ・フィエスタは、、、、記憶にない。

とにかく、踊ったみたいだ。

その後、打ち上げで出演者達みんなでグアダルキビール川岸に行き、

出演者の中に、画家の堀越千秋さんもいたので、

大親友であるへレスのアグヘータ(偉大な歌い手)も一緒に合流し、

明け方の川岸で、アグヘータが次々と歌った。

私は、終わった事でもう完全に脱力状態で、話す力も、立っている力もなく、

ベターっと座り込んでいた。

 ”ああ、セビージャに私はいるんだ・・・” と、なぜかこんな事を思った。




あの、気が狂いそうな恐怖の毎日は、今でも忘れられない。

でも、本当にいい経験になった。

自分の無知さを、どれほど思い知らせれたか。

だから、あれからカンテに対する自分の無知さを身を持って知り、

そしてカンテの重大さを痛いほど思い知り、

だから、あの時から勉強した。




今の時代、な~~~んでもある!

な~~~~~んでも簡単に情報が手に入る。

な~~~~~んでも簡単に目と耳にすることが出来る。

だから、今の時代、フラメンコを勉強している人は恵まれていると思う。



だ・け・ど・・・

恵まれ過ぎて、重大な事をたっくさん、見逃してしまっているんだよなぁ。


                                7月4日




















  
[PR]

# by amicielo33 | 2016-07-04 18:06 | Trackback